「デマの定義」について

直近の情報によると、トランプは新党結成を否定している。ただ、新党結成情報は直前の世論調査に大きな影響を与え、トランプ弾劾に賛成しようとした共和党議員は肝を冷やしたことであろう。 つまり、トランプ新党結成は、デマにしては、うますぎるデマと思われるのである。 世論の動向変化を確かめ、かつ、トランプ弾劾阻止する目的で、(トランプ陣営の軍師により)編み出された上質なデマであろうと見立てるのである。 では、ローマでの停電、ローマ法王逮捕事案はどうであろうか。 両方ともデマという情報があるようだ。(デマ断定ではない) ―― 参考情報 ―――――――――― ローマ法王逮捕【リンウッド弁護士が拡散】バチカン市国で停電発生。 https://komatsushima-life.net/1512/ ――――――――――――――――― これについて、拙ブログは、より確度が高そうな情報中心に分析した結果から、(ローマ法王逮捕の事実の有無にかかわらず)バチカンの闇の機能が消滅した可能性を指摘した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 情勢分析結果 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/479698399.html ――――――――――――――――― 断片情報を繋ぎ合わせると、カトリック総本山の闇が存在していたことが確認されたのである。 同時期、デマ情報に敏感になり、善意で反論するアカウントのほとん…

続きを読む

前首相への「事情聴取」をけしかけた黒幕

本稿は、下記動画で語られていない部分について補足することを目的とした推論もの。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【深い闇】検察内部に朝日・野党と通じる者の影【WiLL増刊号#396】 https://www.youtube.com/watch?v=Ouk1cZFI6-g ――――――――――――――――― まず、上記動画にて示唆されるシナリオに沿って、前首相事情聴取をけしかけた黒幕を推定する。 動画で示されたシナリオは三つある。検察、マスコミ、野党である。 検察はCIA⇒日本のCIA総代理人として検察に捜査活動をけしかけた人⇒CIAエージェントだった正力松太郎を引き継いだ人物? 朝日に通じる人⇒マスコミ業界のドン? 野党と通じる人⇒隠れ共産主義者で二大政党制を通じて政権転がしをやりたい政治好きな人物? 次に、動機的側面から分析したい。 安倍首相を政治的に憎んでいる人であろうと推定する。根拠は何か。 安倍談話に関する暗闘があったことを思い出したい。 その人物とは、安倍談話にて、侵略と謝罪の文字が引き続き挿入されることを望み、談話発表直前に中曽根元首相にその趣旨での原稿を書かせ、新聞紙上で発表されるべく手配した人物である。 中曽根元首相が書いたとされるが、あの文章自体、あの新聞社の社主が書いたものではないか、、、 これは私見である。 言論活動の推移など、背景事情を繋ぎ合…

続きを読む

ペロシ逮捕情報はデマではなかった?

情報錯綜気味なので、とりあえず気になる情報からデマかそうでないのか整理し直すことにした。 また、本稿は、100%事実か、0%であるかについて両極端な結論を出す目的のものでもない。 一つ目は、ペロシ逮捕情報事案。 ツイッターなどでは、ペロシ逮捕情報がひとり歩きしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― ナンシー・ペロシなぜ逮捕された?問題や報道内容を分かりやすく解説! https://moet-678.com/archives/4712 ――――――――――――――――― 最初の発信源は鳴霞動画情報。鳴霞は、「Observe China 中国观察」?という中国語動画ニュースから情報を得て自身の日本語動画にて再配信した。 多くの日本人がこれに追従した。たった一つの情報源であるのに、裏付けをとらず、、、 鳴霞は、その後、誤報であると認めた。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52060874.html 1/13-その4 メイカさんからの続報、他 追記:メイカさんの月間中国からご連絡がありました。 ペロシが米軍に逮捕されたという報道は誤りがあったとのことでした。なぜなら今日、下院でペロシが登場したからだそうです。 もし誤りならCIAが混乱させるためにフェイク情報を流したのでしょうか? …

続きを読む

産経は本当に保守メデイアなのか?

日本にファイブアイ参加を促すレポートが公表された。 ―― 参考情報 ―――――――――― アーミテージ報告書「受け止める」 加藤官房長官 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120800652&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit ――――――――――――――――― 斜め読みすると、政権内の親中派を排除せよという、ジャパンハンドラー的スタンスでの指令気分でのレポートと読める。 安倍政権時代に親中派と名指しされた、二階幹事長は自身の幹事長辞任、政界引退時期が近いことを悟り、夫婦別姓推進を、、、 マスコミ界はどうだったか。 前回4年前の大統領選挙にて、読売はヒラリー候補に一方的に肩入れし、トランプに対し一応の取材すらせず、トランプが当選確定した直後に、読売国際部長のトランプ批判めいた記名記事が出た。 文面から察するに、悔しさがありありと伝わってくる内容であった。 一方、産経はどうか。4年前は読売ほどヒラリー一辺倒ではなかった印象があったが、今回はかような暴露報道が表面化する直前まで、CNNの報道方針にほぼ沿った報道方針だったようだ。 上記暴露事案直前まで、バイデン陣営の勝利、政権移行の視点だらけの報道が続いた。対してトランプ陣営については、選挙集計上の独票数にて敗北、選挙不正を訴える訴訟では敗北続きであり、トランプ政権…

続きを読む

産経が今回の大統領選挙でバイデンに肩入れする理由

物事には原因があって結果がある。 そういう前提、そういう視点で、シナリオを組んだ。つまり、本稿は推論となる。 決めつけるつもりはない。 まず、この4年間アメリカ政界で起きたことに関して、総括した秀逸な原稿を一読したい。 ―― 参考情報 ―――――――――― ジョー・バイデン、あまりに危険な男の正体…不正疑惑を封殺する大手米国メディア https://biz-journal.jp/2020/11/post_191449.html ――――――――――――――――― そういう前提で、アメリカ民主党の視点で考えると見えてくることがある。バイデン陣営は、トランプ再選によりオバマゲート捜査が行われることを恐れている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米大統領選に隠れた民主党の裏側  「オバマゲート」捜査恐れ 日米近現代史研究家・渡辺惣樹 https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html ――――――――――――――――― 裏付ける動画も存在する。この動画にてアメリカの政治家が語っていることは、麻生政権末期の時期に、国家的規模で保守層が経験したことである。 ―― 参考情報 ―――――――――― 保守派の言論を検閲 大手IT企業とマスコミを支配する黒幕は https://youtu.be/Ex4HHOlfCDA ―――――――――――…

続きを読む

人気記事