今回の選挙戦について思うこと

今回の選挙戦、告示日以降、保守系活動家、言論人、ブロガーそれぞれ、参議院選挙に無関係な言動が目立った。引き続き改憲議席維持できるかどうか疑問視され、日韓断交が進むという歴史的状況において、である。 実は、私自身は、政治について、言いたいことがたくさんある。ブログに書いていることはほんの一部。 皆様お気づきでないかもしれないが、実は私は、政治について、日常的に不満なことばかりである。政権に対し、陳情書形式で要望したいことは山ほどあるし、名指しで批判したい与党議員もいる。気にいらない活動家、言論人、ブロガーもたくさんいる。レベルの低い評論記事を読んで、この程度かと馬鹿にしたくなる評論家もいる。韓国ネタで書きたい気持ちもある。 が、私は、それらの気持ちを封印した。 政治ブログとは、何らかの「任務性」を帯びていると考えるからである。この発想は、提言型ブログだという認識の下、「陳情書をイメージした記事」を出稿する唯一のブログという自負から来るものだ。 提言型ブログと称するブログは他にもある。が、(官界稟議書をイメージした)陳情文書レベルでないと、やる意味がない。 世の中、初心者信者向けの情報が多すぎるのだ。(特に、ビジネス言論人) 対して、難解な言論活動は、人気化することは決してない。 ここで書いていることは、仕事を「任務」という感覚でやったことがない方にはわからないことである。 馬鹿な上司、とろくさい先輩を説得し、仕事上あることを実現するために、自…

続きを読む

今回参議院選挙での拙ブログのスタンス

今回の参議院選挙について、自民党苦戦を想定、支持政党、支持する比例候補、支持する理由について以下に表明します。 ■ 支持政党 自民党 ■ 全国比例で支持する候補者 自民党和田政宗 ■ 支持する理由(評価する政策) ・外交での安定的な対応(G20)、特に中韓、北朝鮮に対する強硬対応 ・可処分所得対策 携帯電話料金制度見直し。家計負担が大きい再エネ賦課金について長期的視点から減少に結びつく対策を講じた。消費者負担抑制に繋がる電気料金制度見直し方針が示された。 ・生活の安定 韓国の水産物の検疫強化による食中毒対策。 ・輸出市場開拓、国内産業保護 半導体材料の対韓輸出規制表明。日本主導のTPP発効。 ・既得権対策 電波オークション実施。(和田政宗候補の個人公約?) https://ameblo.jp/wada-masamune/ あくまで消費税増税とする方針なら、可処分対策に繋がる施策について、追加検討するくらいのスタンスで表明いただきたいところです。 追加で表明いただきたいことは三点。 ・NHK受信料の20%引き下げ。 ・マイナンバーカード保持者に係わる2年間くらいの所得税減税 ・運転免許証返納した、マイナンバーカード保持者(高齢者)に対する2年間くらいの所得税減税 以上

続きを読む

参議院選挙対策  政権は小出しに、、、

政権は、衆参同時選挙ではなく参議院選挙のみで闘う方針のようだ。 内閣支持率が比較的高めに推移しているので、政権として慌てる要素はないとの判断からであろう。 ―― 参考情報 ―――――――――― http://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46780410Q9A630C1MM8000/ ――――――――――――――――― 加えて、NHK世論調査は、低投票率を予想している? ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190701/k10011977821000.html 参議院選挙の投票に行くかどうか聞いたところ、「必ず行く」が49%、「行くつもりでいる」が30%、「行くかどうかわからない」が12%、「行かない」が6%でした。 調査方法が異なり単純には比較ができないものの、「必ず行く」と答えた人は、前回3年前の選挙の同じ時期と比べ、11ポイント低くなっています。 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 政権は、外交的成功(G20、日米首脳会談、韓国への制裁本格化)により低投票率となりそうと予想、…

続きを読む

統一地方選挙で自民党候補が苦戦を強いられる可能性

統一地方選挙にて、予想される異変については先に述べた。―― 参考情報 ――――――――――統一地方選 予想される異変、、、 (03/27) http://sokokuwanihon.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html――――――――――――――――― ここで、台東区にて発生した事象を分析させていただく。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・台東区の場合、政党公認候補の落選状況などから、「NHKから国民を守る党」の得票は、従来、自民党に投票してきた固定層から流れたものと推測される。・総得票数66709に対し、「NHKから国民を守る党」が獲得したのは1656、約2.5%・自民党公認候補の獲得票数は20179なので党派別獲得票数は30%(保守系無所属が出馬しない地方選挙での自民党候補の得票比率は大体40%)・自民党候補は、「NHKから国民を守る党」の候補者が出馬したために、最低でも5%、最大で8%の票を失ったものと推定される。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今度の統一地方選挙にて「NHKから国民を守る党」から出馬予定の候補者数は50人近いとされる。―― 参考情報 ――――――――――なんと48名 来月の統一地方選挙に立候補予定のNHKから国民を守る党の名簿 https://ameblo.jp/nhkto/entry-12447930101.html――――――――――――――――― 「NHKから国民を守る党」の候補者が一人当選するごと、自民党候補が複数落…

続きを読む

沖縄知事選挙対策  後期高齢者をターゲットとする公約を準備すべきだ

沖縄知事選挙が今年12月に実施されることはご存じのことと思う。今日、年金だけの生活では生計維持が困難だとする、見るからに共産党系と思われる高齢者の街頭活動を見かけ、これにヒントを得、沖縄知事選挙戦略上有効と思われる施策を見出したので出稿させていただく。 私もそれなりの年齢である関係で、高齢の年金生活者の困窮ぶりは他人事ではない。共産党支持と思われる年金生活者の方々の言い分がわかるのだ。物価の上昇、相次ぐ病気、家の老朽化、お金がかかることばかりが続く。 貯金の目減りは避けられない。 そんな中、どの世帯からも再エネ賦課金が徴収されている。 私の家の場合、資源エネルギー庁試算標準世帯の数倍、毎年パソコン1台買えるくらいの金額の、再エネ賦課金を負担している。私の場合はなんとか支払っているが、なぜ低所得の老人世帯にまで再エネ賦課金対象とするのか?私は納得がいかない。庶民に巨額の再エネ賦課金負担(平成29年度は約2兆円)を強いておいて、資源エネルギー関連予算は現状維持(年間1兆円)、優雅に省エネ講習会やっている場合であろうか?―― 参考情報 ――――――――――平成29年度 資源・エネルギー関係予算の概要 http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2017/pdf/energy2.pdf―――――――――――――――――資源エネルギー庁は、頭が悪過ぎる官僚だらけではないかと思っている。 原発再稼働も順調に進んではいない。 私は原発再稼働容認派ではあるが、役所の無…

続きを読む

人気記事