選挙公報の次に拡散すべき情報  その2 党籍ロンダリング議員による再結集問題

野党勢力においては、民進党に再結集しそうな候補者の存在が、衆議院選挙後最大の政治問題となりつつある。党籍ロンダリング予定候補をスンナリ当選させていいのか?ということである。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190084-n1.html民進党再結集に抜け道 政党移籍、法的制約なし 擁立ゼロなら当選者全員回帰OK 衆院選(22日投開票)後に民進党が再結集するとの臆測が絶えない。希望の党、立憲民主党、無所属でそれぞれ当選した議員による選挙後の民進党への合流に法的制約がなく、ハードルが低いからだ。(沢田大典) 「野党の分断、本当に申し訳ない」。民進党の初代代表だった岡田克也元外相は19日、神奈川県藤沢市で行った同党出身者の応援演説で、こう聴衆にわびた。 自身は無所属で出馬した岡田氏は記者団に「民進党に戻ることを前提には考えていない」と述べるにとどめたが、野党分裂で自民党が優位に選挙戦を進めており、反自民勢力結集の必要性は痛感しているようだ。 その手段の一つである民進党再結集は、同党の小川敏夫参院議員会長が唱えた。12日、産経新聞に「立憲民主党、無所属、希望の党に行った人も含め、もう一度自民党に代わりうる政党として民進党を取り戻したい」と述べた。 「有権者を愚弄した話」(民進党の前原誠司代表)と反発が集中し、小川氏らは火消しに追われた。それで…

続きを読む

選挙公報の次に拡散すべき情報  その1(希望の党よりも立憲民主党に投票するな!)

選挙戦最終段階と認識、緊急拡散情報中心という位置づけで出稿する。 ■情報1 選挙情勢全般||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||http://ttensan.exblog.jp/25941160/希望の党は最初は明らかに自民と同じ保守系の政党アピールをしようとしていました。しかしながら小池のメッキが禿げると、 保守層から票を奪う事を諦めて 元の反日政党の民進党の地金を隠す事をしようとしなくなって 民進党時代の反日左巻き層の票を少しでもいいから取り返そうとし始めた というだけです。政権を取るために頭数を必要としていた人を信用しない小池百合子。 小池百合子を利用して選挙後に乗っ取る、 あるいは民進党として再結集する事を企んでいた嘘つき民進党の面々。お互いに相手を利用しようとしか考えていなかったので 話がうまくいなくなったらあっさりと内ゲバを始めた。 というだけでしかないのだと思います。ただ、ブログ主には希望の党はここからすこしだけ踏ん張ってほしいです。 そうして立憲民主党への票を減らしてもらいたいものです。マスゴミはとにかく自民支持層の票を減らそうと 自民圧勝、自民単独で300議席以上とか煽っていますが、 接戦区と言われる選挙区だけで50はあるのです。この接戦区の50を全て取る前提の数字が出てくるなんて 「こんなに圧勝するのなら俺は投票いかなくても良さそう」 と、自民支持層が緩むのを狙っているとしか思えません。 選挙では消費税凍結と言って…

続きを読む

人気記事