来年期待される人(活動家、言論人)

活動家として三人、言論人として四人、計七人紹介させていただく。 活動家としては、篠原常一郎、瀬戸弘幸、水間政憲の三人。 篠原常一郎は、今現在、売れっ子状態。売れっ子となる理由は簡単。保守系団体関係者や保守系言論人の大半が、これまで為すべきことをしなかったので、篠原一人に期待が集中しただけのこと。篠原のオレ話を聞いていると、腰を据えて情報収集、分析してきた言論人とそうでない(作文力だけ、ガス抜き目的の)言論人の見分けが簡単につきそうである。 瀬戸弘幸は、関西生コン事案で結果を出した。来年も何がしか期待できそう。私個人は、参議院選挙全国区出馬時点からの支持者。 水間政憲は、野党の立ち位置ながら、女系天皇・女性宮家阻止で動いている。ミツバチ隊の資金力もなかなかのものと推測される。 言論人では、中川八洋、渡辺惣樹、藤井厳喜、宮崎正弘の四人。 中川八洋については、保守政治思想、地政学、女系天皇・女性宮家阻止の分野において、圧倒的存在。中川八洋が書いた著作を、乗り越える本は現れていない。時折、過激な提言に困惑することがあるが、彼なりのウンチク、論理は知って損はない。左翼系論客を捻じ伏せる、言論パワーを備える言論人の存在は、もっと知られるべきだ。 一方で、初心者向けに塾長を名乗り、自身をオンリーワンであるとかナンバーワンであると錯覚させることがお上手な、保守ビジネスマンには警戒が必要である。 渡辺惣樹は、現代史における重要な歴史…

続きを読む

キッシンジャーと篠原常一郎の共通点?

最近、篠原常一郎が精力的活動を続けている。 ―― 参考情報 ―――――――――― アイヌ新法討論会、篠原の部分抜粋 https://www.youtube.com/watch?v=OLSphesxKHg ――――――――――――――――― 引っ張りだこであることは間違いない。理由を考えてみたい。 共産主義に傾倒した時期があったにせよ、それを素直に認め(認めたがらない人が余りに多い)、共産党であってもやるべきことはやってきたと公言、立場を少し変え保守寄りとなっても「事を一歩進める視点から提言」するパワーがあると評価されていることが大きい。 かつて、左翼思想であった方でも、かように正々堂々と主張される点において、私は、評価する。 ここで、一見関係ない話に聞こえるかもしれないが、キッシンジャーについて述べたい。 キッシンジャーが、学生時代、どれほど勉強したうえで卒論に臨んだのか、ご存じであろうか? その大学で語り草になっているとの話がある。 ―― 参考情報 ―――――――――― キッシンジャー「歴史卒論」が意味するもの http://gendaishi.jugem.jp/?eid=650 ――――――――――――――――― 要領良く、単位を取得し卒業していく、日本の学生とは大違いであることは間違いない。大学時代勉強しなかった言論人など鼻にもかけないことが伝わってくる。 キッシンジャー外交はもち…

続きを読む

政治塾の見分け方

最近、言論人主宰の政治塾なるものが乱立傾向にあるようなので、私見を述べさせていただく。(あくまで一般論) 実は、これまでいろんな塾に通った。 小学生時代通った、習字塾は、昇級と引き換えに授業料を払っているような実態があった。実際、スイスイ昇級した。こんなにスイスイ昇級していいのかと子供心に思ったほどだ。 受験塾にも通った。目的は明確だった。東大、医学部、有名校合格目的の塾で、英数については、中学時代に高校2年レベルの実力を身につけることを目指していた。東大現役合格者は毎年数人いたし、目的、目標、成果は一致していた。 ところが、大人が通う塾は、様子が変だった。 たとえば、英語塾。適当に英語を教えつつ楽しませ、厳密な意味でのスキルアップは疎か。塾関係者曰く、生涯英語漬けにすべく、カリキュラム設計している旨のことを、白状した方がいた。 友人で退職後テニスを始めた方がいる。週3、4回、各2時間のレッスンを受けて3年くらい経過。友人曰く、フォアハンドストロークでハードヒットできる以外、確実性あるショットはないが、テニスを楽しんでいるそうだ。バックハンドストロークはどこに飛ぶかわからないと語った。スマッシュやボレーの話題は一言も出てこない。ダブルスでストロークで決めるのは、セオリー的に無理がある。私がコーチなら、球筋が定まらないバックハンドストローク中心で練習計画を組み立てる。サービスもセカンドサービス中心で練習いただくことになる、と友人に説明した。リタ…

続きを読む

人気記事