洗脳ビジネス 政治的自立の意味

かつては、新興宗教の世界、政治ブログの世界で起きたことであるが、今はカリスマ的な動画配信者によって、洗脳ビジネス状態が起きているような気がする。 私は、政治分野の動画配信行為すべてを否定しているのではない。公開情報、根拠情報をきちんと示している動画について文句を言うつもりはない。そうではない、根拠曖昧な噂話レベルのものが増えているケースがあるため、注意喚起目的で出稿することとした。 カリスマ的な動画配信、新興宗教の世界、実は類似点がある。 新興宗教の世界で起きたことについては、今さらのことなのかもしれない。 数年前から始まった、カリスマ政治ブロガーの周りで何が起きていたのか。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・根拠曖昧な刺激的な情報で、不満を持っている多くの人たちを引き付け、読者数激増 ・いつの間にかボランテイアによるミラーサイトが設置 ・一定規模の読者数確保した時点で、何者かの圧力によってブログが突然閉鎖(されたと喧伝) ・(炎上的手法で)相前後して新刊書を発刊。ブーム化を指向。 ・書籍化以降、一見まともな保守活動を継続(官邸メール作戦等) ・その後は、より少ない情報で賛同者に行動を呼びかける作戦に移行 ・一部刺激的な呼びかけも存在 ・最終的に愛国保守ならば、、、すべきだみたいな雰囲気を創り出し、共有化、行動を呼びかける ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 一言で言うと、ザイニチ特権?に対する保守層の広範囲な不満を利用した洗脳…

続きを読む

言論人が「党員インフルエンサー」に敗れる日?

とある言論人が、河野太郎が総裁になったら自民党に投票しないと発言したことがあった。 ご本人は、以前は河野太郎支持者であったようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 百田尚樹「高市早苗さんが総裁選に負けたら自民党に投票するのはやめる」 https://r-news.net/newsarticles128351 百田尚樹さん、「ポスト安倍」に河野太郎を支持していたのは大変な勘違いやった! https://kotonoani.com/2021/09/30/hyakuta-1132/ ――――――――――――――――― しかし、言論人として、政治家が掲げる政策・言動等、比較、分析していたのであろうか。公開情報をきちんと調べれば、河野太郎はかなりリベラルな議員であることわかっていたはずである。 そういう意味で、地道な分析作業をしない言論人の発言を鵜呑みにする必要はないということになる。 ちなみに、百田氏の支持政党はどこか。私は自民党ではなく、維新の会ではないかとみている。立ち位置的に騒動、炎上好きであるなど橋下徹とにたようなところがあるためである。 愛知県知事のリコール問題発言があったようだ。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https://r-news.net/newsarticles128351 442 :名無しさん@恐縮です:2021/09/14(火) 16:56:16…

続きを読む

アフガニスタン撤退で仕組まれたこと

トランプ政権がアフガニスタンからの撤退を約束し、撤退路線を引き継いだバイデン政権は、屈辱の撤退を実行しつつある。 アメリカにとっては、ベトナム戦争以上の敗戦レベルの撤退となった。 ―― 参考情報 ―――――――――― アフガン撤退で最大の危機、バイデン政権に向けられる3つの批判 https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00023/082300279/ アフガン危機で、バイデン左右から往復ビンタ/左派NYT紙の見出しは “バイデン政権座礁 “/アフガンの崩壊は党派性を超えて、主流派やリベラル派が、この紛れもない失敗についてバイデンを追及しようとしている http://totalnewsjp.com/2021/08/26/biden-327/ 【45thトランプ大統領声明】バイデンは、アフガニスタンの戦場から逃げ出し、何千人ものアメリカ人の人質となっている人たちを見捨てることを軍に強要したのだ! http://totalnewsjp.com/2021/08/25/trump-1064/ 【45thトランプ大統領声明】「バイデンはアメリカを破壊している」「史上最低に達した!」「バイデンはエネルギーの独立を放棄し、経済を破壊し、凶悪犯罪を急増させ、中国に屈し、市民を潰し、アフガンで歴史上最大の屈辱をもたらした」 http://totalnewsjp.com/2021/08/26/trump-1068/ ―…

続きを読む

論理的か否か

本稿は、政治・歴史事案について論理的な説明展開であるか否かについて考察することを目的としている。 まず、ある一冊の本の書評(低評価)をお読みいただきたい。 ||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||| https://www.amazon.co.jp/product-reviews/4585222588/ref=acr_dp_hist_1?ie=UTF8&filterByStar=one_star&reviewerType=all_reviews#reviews-filter-bar Amazon カスタマー 5つ星のうち1.0 あまりにも馬鹿馬鹿しい話 2019年10月27日に日本でレビュー済み 書いた人間は核兵器のイロハも知らない。ウラニウムから直ちに核物質が取り出せるなど荒唐無稽。子供の馬鹿話をいかにも米国の情報組織が暴露したかのように繕っている。本文も訳本がひどく、多分誤訳だろう、買うような本ではない。使い道としてはアニメの下敷きにはなるかもね。 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています 役に立った 違反を報告 歴史家 5つ星のうち1.0 どうやってウランを手に入れた? 2020年1月16日に日本でレビュー済み 原爆を一発つくるにはウラン鉱石4トンが必要です。京都大学には2キロのウラン鉱石しかなかったそうです。著者は理科系のようですが、2キロのウラン鉱石でどうやって原爆をつくれるのか説明してください。そ…

続きを読む

作文とスピーチ

10年くらい前のこととなるが、町村信孝元官房長官ブログを読んでいた。一連の作文は、自らが答弁者として記者会見に臨むことを前提とした完成度の高いものであった。 こんなにスラスラ作文できる政治家が居たことに驚愕した。 政治文書には、施政方針演説、答弁書、日頃見慣れている批判文、問題提起文、提言書、呼びかけ文、陳情書、パブリックコメント、意見要望等、苦情等いろいろある。 特徴的に言えることは、責任ある立場でない限り、口頭で語るのと、作文した文章が一体化することはほとんどない。 口頭で語ること、文章上書かれていることが一体化することは、言行一致であることと同様、簡単なことではない。 現職議員での例外は、菅前官房長官、加藤勝信官房長官くらい。二人とも、政治家としては嫌いなタイプだが、(文書で書かれていることとスピーチが一致している点において)官房長官としては有能と思う。 安倍晋三という政治家もそうだった。外交の場での発言、政府としての答弁、選挙での遊説、あれほど(文書で書かれていることとスピーチの齟齬がない)うまく立ち回れる政治家はそんなにいない。 普通は語れば語るほどボロが出る、、、それを知っていて野党とマスコミは森友・加計事案で引っ張り続けた。 では、安倍晋三は雄弁な政治家なのかというと、私はそうはみていない。 なぜなら、できそうもないことは語らなかったからである。保守層向けには抑制された発言が目立った。特に対中外交姿勢。 一般に、雄弁な政…

続きを読む

人気記事