改憲できない場合の代替シナリオはいつ誰が準備するのか!

本稿は、前稿の具体展開をイメージする目的で作成したもの。 ―― 参考情報 ―――――――――― 改憲できない場合の代替シナリオの必要性 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/475521232.html ――――――――――――――――― ここでことわっておきたいことがある。そもそも私は、無条件政権支持派ではないし、愛国主義者でもない。中川八洋が推奨する保守思想哲学書をほぼ読破・理解した者でもない。 政治的には、ノンポリ(中立)的視点から、情勢分析を試み、保守系言論人たちがこぞって、政権の不作為をなじる?中、「改憲については、政権が選んだ匍匐前進策」が今のところは、国際情勢的にも国内的にも波風が立たないとみている。 首相の本心はこうなのではないか? 第一次安倍政権の時代、全方位的に正直にやり過ぎた、、、 第二次安倍政権では、中共、アメリカを含め、政権として何を狙っているのか、最終判断を探られず、回り道してでも最終的に国益に繋がることを選択しようとしているのではないか? その結果、政権対応的に、短期的に何を目指しているのかわかりにくい、政策的措置としてメリハリがなく、一体何を考えているのかはっきりしないように映るため、最近の内閣支持率の低下に繋がっているのではないか? その前提で、有事発生したケースを二通り想定したい。 ■ケース1 米中貿易戦争から、米中軍事紛争に発展、日本も巻き…

続きを読む

改憲できない場合の代替シナリオの必要性

読者の皆様ご存じのとおり、コンボさんから憲法無効論について取り上げるべきとする問題提起があり、政治状況、国際関係、歴史的経緯、などから情勢分析等を実施、四つのシナリオを見出した。 ・明治維新以降の我が国が係わった国際社会との歴史的経緯を踏まえると、正攻法で正面玄関から戦後レジーム完全脱却することは、国内政治的にも国際政治的にもリスキー? ・早期の改憲実現の最大の障害は、アメリカのリベラル勢力?(トランプ再選叶わず、再びリベラル勢力が政権復帰となる場合、最悪の事態を想定する必要有り?) ・憲法改正出来ず、有事発生した場合、政権は速やかに憲法無効手続きを取る必要がある? ・現時点での政権としての最適解は、匍匐前進を選ばざるを得ない ―― 参考情報 ―――――――――― 正攻法の限界を知らなくていいのか https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/475440539.html そもそも安倍首相は憲法改正する気があるのか? https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/475486902.html ――――――――――――――――― 上記に、補足して、お読みいただきたい情報が三件ある。転載させていただく。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://sokokuhanihon.seesa…

続きを読む

そもそも安倍首相は憲法改正する気があるのか?

本稿は、基本的に、現時点での試論の位置づけ。状況が変われば試論なので方向性は変化する、そのつもりでお読みいただきたい。 本題に入りたい。 本国会でも国民投票法改正案が先送りされた。 ―― 参考情報 ―――――――――― またも国民投票法改正案先送り 6国会進展なし 参院も停滞 https://www.sankei.com/politics/news/200605/plt2006050002-n1.html ――――――――――――――――― これについて、どう読むのか?どう読むべきか? 首相の本心は、以下の四つのどれかと推測される。 ①本気で憲法改正したいと思っているが森友・加計、さくらを見る会、コロナウイルス問題と騒動が続き、あり国会運営がうまくいかない ②やる気あっても世論調査的、タイミング的にまずいと思っている ③憲法改正はポーズだけそもそもやる気ない ④その他外部要因(日本の支配者の?により憲法改正したくてもできない?) 私は、②、④を疑っている。 保守系言論人の論調は、「改憲議席を有しているのに、政権は何をもたもたしているのか」、という類のものばかりだ。どうすれば、サボタージュ癖がついた野党を審議に応じるか、奇手、禁じ手を編み出しつつ、野党が応じざるを得なくなるシナリオを、提言した言論人はいたのか、、、 蓮舫の二重国籍、辻元清美の関西生コン、帰化議員スパイ事案など、攻め口はあったはずだ。 …

続きを読む

人気記事