知るべきことを知らないで彼らは反対しているのではないか?

本稿は、護憲派憲法学者たちに対する、学問上の研究態度に係わる考察、私見。 首相は、年頭挨拶で憲法改正を進めるとした。 ―― 参考情報 ―――――――――― 首相「憲法改正へ歩み進める」と決意 自民仕事始め式 https://www.sankei.com/politics/news/200107/plt2001070005-n1.html 憲法改正の主役は、あなたです。 ポスター ――――――――――――――――― これを建前上のポーズであろうと私はみている。 年末の国会での動き、今一つだったことと、戦後レジームシナリオを点検した結果からそう判断する。 ―― 参考情報 ―――――――――― 戦後レジーム脱却となる日はいつか?  https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/473042575.html ――――――――――――――――― 世の中には、知らないで反対する人たちがいる。 職業例として挙げると、憲法改正に反対する護憲派の憲法学者たちが該当する、と私はみている。 軍事活動上の国際法の常識、おそらく知らない、だろう。 世界の軍事常識、おそらく知らない、だろう。 地政学も、おそらく知らない、だろう。 歴史はおろか戦史も、おそらく、知らない、だろう。 憲法学者たちが、憲法条文の字面に異常にこだわるのは、安全保障上重要と考えられる、国際法、軍事…

続きを読む

保守を潰したがっている勢力の正体

本稿は、根も葉もない推論と思っていただきたい。 たとえば、保守からみて、いわゆる常識ある皇室系サイトをいくつか挙げるとすれば、どのサイトとなるか? 常識ある皇室系サイトとは、知識が豊富な専門家のサイトとは違う。言論人のサイトでもない。 普通に生活している一般人の視点で、まともな政治倫理観、皇室観が備わった方が、皇室事案に特化して書き綴るサイトである。 以下のサイトあたりは、該当するだろう。 ―― 参考情報 ―――――――――― のんびりTea Time https://koredeii.com/ ――――――――――――――――― 実は、このサイト、トラブルに巻き込まれ、再開するのに手間取った。仕掛けた方が、似たような趣旨のブログを立ち上げたこともあった。 管理人さんは、全国紙記事の引用の多さゆえ、著作権法を根拠として当該サイトを、、、することはできず、、、焦燥、、、経緯的に、警察や弁護士に相談、現在に至っている。 さて、このブログについては、私の見立てとなるが、騒動前において、「▽△新聞」からの引用が多かったと記憶している。 偶然かどうかわからないが、拙ブログは、とある読者から、「読売や産経からの引用が多い。なぜ「▽△新聞」の記事を引用しないのか」という質問を受けたことがある。その時は、「関心がない」という趣旨で回答した。その質問者は、言論活動的に、森友事案のネット周知活動に異常に執着された方であった。 言…

続きを読む

公道で布教活動しているキリスト教関係者に言いたいこと

ローマ教皇来日したついでに普段から思っていること、特に、公道で布教活動しているキリスト教関係者に申しあげたいことがある。 年に一度くらい、なぜか、外国人宣教師みたいな人に呼び止められ話をさせられることがある。彼らに対し語ってきたこと、今度遭遇した時に、追加で話したいと思っていることなどを以下に紹介させていただく。 ・国内の既存のキリスト教会の大半は、慰安婦問題、靖国訴訟、自衛隊等々、政治活動ばかりしている邪教集団のようにみえる。ローマ教皇が韓国のキリスト教を批判したことは真っ当な批判だと思っている。司教、牧師たちの多くは、韓国系と思われるが、キリスト教を語り政治活動している教会組織は純粋な意味で宗教団体とは思えず、一旦すべて、廃止されるべきではないか。 ・他の問題ありすぎるキリスト教の教会の存在を見て見ないふりをして、自分たちの宗派だけ正統であると主張しても、布教活動的に説得力がないのではないか。 ・日本のマスコミはキリスト教禁教を問題視するが、それ以前に、イエズス会聖職者が日本で行ったことを、あなたがたは、歴史資料を読み受け入れるべきだ。キリスト教は、それ自身、少なくともアジアにて、原罪レベルにある(悪しき)行為を為している。 ・「イエズス会の歴史」というタイトルの翻訳書を読むと、イエズス会宣教師が当時のポルトガル国王の支援を受けて宣教師を日本に派遣したと書いてある。この記述は、イエズス会が植民地支配の尖兵だったことを示すものと考えるが、どう…

続きを読む

人気記事