菅首相のベトナム・インドネシアの訪問目的について

本稿は、菅首相が、最初の外遊先としたベトナム、インドネシアの訪問理由(訪問先として選んだ理由)について分析することを目的としている。 とりあえず、菅首相の記者会見を拝聴したい。 ―― 参考情報 ―――――――――― ベトナム及びインドネシア訪問についての内外記者会見 http://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/1021kaiken.html ――――――――――――――――― 目新しいというか印象に残ったキーワードは3つ。 対ベトナム サプライチェーンの強靭化 対ベトナム 現地進出した日本企業支援 対インドネシア 2+2 ベトナムは、サプライチェーンの中共からのシフト先の位置づけ。 インドネシアは、シーレーン上の要所に位置しており、政府は安全保障関係の強化を目論んでいる。 訪問に関連し、両国とのやりとりは結構手が込んでいる。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/index.html 日・インドネシア首脳会談 インドネシア共和国に対する円借款の供与(事前通報) (10月20日) 菅総理大臣のベトナム及びインドネシア訪問 チョン・ベトナム共産党書記長兼国家主席との会談 日・ベトナム首脳会談 キム・ガン・ベトナム国会議…

続きを読む

取引できる人とできない人 どちらを選ぶべきか

WHO事務局長選挙にて、日本政府は困った状況にあるそうだ。 産経は、批判的論調。 ―― 参考情報 ―――――――――― 韓国か親中か…WTO事務局長選で日本外交失態 究極の選択迫られる https://special.sankei.com/a/international/article/20201009/0003.html ――――――――――――――――― 親中は避けたいが、では、韓国人事務局長でダメなのか、というと本国政府がどうしようもない。 政治状況はどうかというと、以下のニュースを根拠に、韓国内の親日派は死滅状態にある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 韓国で「親日派の墓暴き」が法制化へ 国会議員の多数が賛意という恐ろしさ https://news.yahoo.co.jp/articles/6974ca0d07694fe6d1a7cfeabcb409b42c2bacd3 ――――――――――――――――― 儒教国がこんなことを認めるはずはないのである。つまり、上辺だけ儒教国ということ。 捏造慰安婦問題日韓合意、徴用工事案等、過去の二国間の取り決めを自国の脱法的論理で一方的に反故にする国、それが韓国である。 さて、産経のソウル駐在だった黒田勝弘氏によると、米韓の絆は、キリスト教(プロテスタント派)に見出せるとしている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米韓の絆はキリスト教だった? h…

続きを読む

菅首相の外交デビュー 前首相とトランプの信頼関係が支える? 

数年前のことになるが、大統領選挙で勝利し、就任を目前に控えたトランプ私邸に、安倍首相が異例の形で単独で乗り込んだことがある。 日経の下記インタビュー記事は、安倍前首相が、就任前のタイミングで、どうしてもトランプと会談しなければならなかった事由を暗示している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 安倍外交、同盟強化が起点 安倍前首相インタビュー https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64254760V20C20A9SHA000/ ――――――――――――――――― 短い記事だが、非常に重要なことを示唆している。 トランプが、「米大統領選で極東からの米軍撤退を示唆し、同盟見直しを掲げたトランプ大統領が勝利、日本外交は緊迫した局面にあった」との安倍前首相の認識、直後にとった行動は国益的に最善だった、と後世の歴史家は評価することだろう。 当然のことだが、お土産は、IRビジネス利権、アメリカ株ないし米国債の購入と推測。 トランプは、在日米軍撤退がもたらす深刻なリスク(中共の軍事的進出によるもの、ウイグル弾圧など)をこの時点で理解したに違いない。 そのトランプが唯一非公式に悪口を言わない政治家が、安倍前首相だとされる。 ―― 参考情報 ―――――――――― シンゾー・アベはトランプ大統領が非公式に悪口を言わない唯一の男だ http://interesting.nantoka-antenna.…

続きを読む

人気記事