トランプの本心が読めている人

本稿は、政治家トランプに関する推論。 かつてトランプは、「私ほど聖書を読む人はいない」と信仰心の篤さを訴えたことがある。 ―― 参考情報 ―――――――――― トランプ氏は「聖書に反する」 宗教界から批判相次ぐ―米抗議デモ https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060300840&g=int ――――――――――――――――― 上記のニュースから、言葉の魔術師、表現技術の魔術師と言われる、トランプ演説の真意を理解するに際し、必要なことは、何かということになる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【寅さんラストメッセージ、次の政権はバイデン?それとも軍政?】(鈴木ソロ160回) https://www.youtube.com/watch?v=OX3b9pUqLkI 文字遊び~芸術的な言語表現の意味するもの https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/479488705.html ――――――――――――――――― 前稿では、「トランプ演説の真意を正確に解読するには、英語力以外に、土地勘、歴史、政治、文学に通じている必要がある」と書いたが、 「トランプ演説の真意を正確に解読するには、英語力があるだけでなく、聖書を熟読する一方、土地勘、歴史、政治、文学に通じている必要がある」と訂正させていただく。 聖書を読みこなせる語学屋はなかなかいな…

続きを読む

文字遊び~芸術的な言語表現の意味するもの

本稿は、張陽氏が指摘する、トランプ大統領が有する、卓越した「文字遊び~芸術的な言語表現」技術が意味することについて、私見を述べるもの。 ―― 参考情報 ―――――――――― 張陽チャンネル https://www.youtube.com/watch?v=mwLx8XIH2FU ――――――――――――――――― さて、張陽氏が指摘する、「文字遊び~芸術的な言語表現」の世界、日本語に対応する分野はあるのかというと、実は存在している。 日本語の世界では、文字遊びとは言わない。言葉遊びと言っている。体系的にまとめた本として、「不思議の部屋・1 言葉遊び百科」(桑原茂夫)がある。幼児向けの言語教育書も多数ある。 学術的視点からまとめた名著的な本を、鈴木棠三は何冊か出している。 これ以上ダラダラと書いてもしょうがないことはわかっている。 簡単に言うとこうなる。 トランプが使う英語の世界では、ユーモア、ジョークという分野の世界。日本語の世界においては、中世、江戸時代から続く、なぞ、しゃれ、戯語(回文)の伝統がある。伝統的には、川柳やる人に求められる言語表現技術。 なぜこんなことを述べるのか? トランプが語る言葉の真意を読み解くためである。 年初以来続く、トランプの何気ない演説、何気ないツイート、何気ない一言、トランプは人々にさりげなく何かを暗示している。何か起きていることはわかる。だが、トランプはリン・ウッドのようにはっきりとは…

続きを読む

人気記事