武蔵野市外国人住民投票条例否決 追撃措置の必要性

本稿では、武蔵野市議会本会議での住民投票条例否決に関する分析と追撃措置の必要性について説明させていただく。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武蔵野市条例案否決 賛成11・反対14 無所属2人が反対に https://www.sankei.com/article/20211221-ADUY42YCNBJHHNNFRXWMPD7UBE/ 外国人住民投票条例案が否決 東京・武…

続きを読む

問題教員の罰則・処分・退職金等の取扱いについて

問題教員に係わる処分情報を専門に扱うサイトがある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 教師不祥事列伝 http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/ ――――――――――――――――― さて、最近話題となった問題教員に関する情報から、本来どういう処分であるべきだったか、教員の処分、退職金の取扱い等を含め、問題提起することにした。 ―…

続きを読む

多文化共生⇒反移民の時代?

フランスは既に反移民の時代に突入したそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― フランス 「反移民」が政界席巻 https://www.sankei.com/article/20211115-FZXQABTKHZMNJHOW3KS2EKYAPA/ ――――――――――――――――― ところが日本は、未だに、外国人に3カ月で健保加入させる制度が継続され、武蔵野市で…

続きを読む

移民を大歓迎する自治体の問題

武蔵野市が外国人に対しても日本人と同様の資格要件で住民投票に参加できるとする条例案をまとめたそうだ。 外国人参政権の地方版を条例の形で実現しようとする動きのようだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 武蔵野市長、住民投票条例案を発表 外国人に投票権 https://www.sankei.com/article/20211112-VXN5DN5ZWZM6XMKAPMDEHI4H…

続きを読む

タテマエが通用しない時代?

本稿では、かつて高度成長期のビジネス社会で語られた、タテマエ(の論理)について、述べさせていただく。 私は、若い頃、(気にいらない)上司から指導を受けたことがある。要約すると以下のような内容となる。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 上司の発言(時期は1985年前後) ・〇〇君、世の中、しがらみだらけ。しがらみが社会を支配する結果、企業間の取引は持ちつ持たれつ(…

続きを読む

人気記事