年末のご挨拶

今年一年間、拙ブログをご訪問いただきありがとうございました。 今年は、毎日一つの原稿を、目的意識を以て書き上げることを念頭に出稿してきました。 政治的には、戦後外交史上、分岐点となった年となりました。後世の歴史家は、今年起きたことは、戦後レジーム打破の動きと捉えることでしょう。 これまでの日韓外交は、日韓で論争状態となった場合(韓国が悪意で以て仕掛けてきた事案であっても)、アメリカは韓国寄りのポジションを選び、日本が忍従を強いられるケースが続きました。が、今年に限っては、安倍政権は、米韓からの圧力をはねのけ、韓国には一ミリも譲歩しない姿勢を取り続けています。 同様に、日中関係も変化が出始めています。それもこれも、(敗戦国としての謝罪は次世代に引き継がせないとした)ポリテイカルコレクトネス的な安倍談話、そして、トランプ政権との相性の良さ、米中貿易摩擦という、状況があって可能なことです。外交的に、日本は大国として扱われるレベルまでになったと思います。 ―― 参考情報 ―――――――――― 海外「日本は眠れる超大国だからね」 米『なぜ中国は今も日本を極端に恐れるのだろうか?』 http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3305.html ――――――――――――――――― 大国という自覚あれば、その影響力の強さを自覚すべきということになります。 大国の政治(国会)において…

続きを読む

時代は変わる・時代は変わらなくてはならない! 

前にも予告したとおり、元号が変わることを、時代が変わると受け止め、式年遷宮的発想で、ブログ移転を予定しております。 移転理由は、元号が変わることをきっかけに、より強い気持ちを持って「時代は変わる、時代は変わらなくてはならない」という方針で出稿したいからであります。 政治の世界では、前例を踏襲している限り、戦後レジームのままです。何も変わりません。 批判することが趣味となっている石破某、発言すべきタイミングであるにもかかわらずダンマリ傾向が強い岸田某に何か期待できるのでしょうか? 暫くは、安倍首相に託すしかないのであります。 ただ、どこかに風穴を開けなくてはなりません。 政界も官界も司法界もです。三つとも戦後レジーム支配が続いているとみなくてはなりません。もちろん、マスコミには何も期待しません。 安倍首相は、新元号の決定に際し、元号出典について初めて国書とすることで、支那哲学に依存し続けてきた「元号選定に係わる慣習」を変えました。 これは歴史的快挙です。これによって、戦後レジームに風穴を開けることになるでしょう。 万葉集のブーム化に加え、大宰府等神社人気復活、出典となった万葉集に関連し「白梅の盆栽」が人気化すると予想します。 古事記や日本書紀の編纂者たちは、万葉集からの出典と聞き、喜んだに違いないと思うのです。万葉集が元号の出典となったことは、万葉集が、記紀と並ぶ歴史文献並に扱われることを意味します。 我々は、万葉集の理解を通じて、古事記…

続きを読む

式年遷宮~改元  一つの時代が終わる

本稿は、実体験ベースの私見。 立憲民主党の枝野が伊勢神宮参拝したそうである。―― 参考情報 ――――――――――【野党ウオッチ】立憲民主党・枝野幸男代表のお伊勢参り、ネットで炎上したが https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%90%E9%87%8E%E5%85%9A%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%91%E7%AB%8B%E6%86%B2%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E3%83%BB%E6%9E%9D%E9%87%8E%E5%B9%B8%E7%94%B7%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E5%8F%82%E3%82%8A%E3%80%81%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E7%82%8E%E4%B8%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8C%E2%80%A6/ar-BBSnxvB#page=2―――――――――――――――――ある宮司に言わせると、共産党議員も神社参拝するそうなので、私は、この報道を以て怒るつもりはない。売国議員も帰化議員も元過激派議員も等しく神社参拝する資格はあると考える。 先日、知り合いの案内で、伊勢神宮に30年ぶりに参拝した。 前回は、コネがあった関係で特別参拝。今回は、私人での一般参拝。おかげ横丁入口にある、…

続きを読む

人気記事