ロシアに対し無防備なままでいいのか?

本稿は、国境警備、帰化・永住等に係わる日本政府対応に関する問題提起。 そもそもソ連は、自国内の実態情報を隠蔽することを得意としてきた。終戦直後の心理謀略作戦があった。ご存じであろうか。 ―― 参考情報 ―――――――――― 歴史捏造 ソ連が得意とする心理謀略作戦 http://gendaishi.jugem.jp/?eid=857 ―――――――――――――――――…

続きを読む

国連での異変はなぜ起きたのか 深読みしなくていいのか

国連の場で、異変が起きた。香港国家安全法に賛成した国が意外にも多数派。 ―― 参考情報 ―――――――――― 香港国家安全法に賛成した国、反対した国 https://yamatonoibuki.seesaa.net/article/476083608.html ――――――――――――――――― AIIB関連と思われる国に加え、中東産油国まで賛成に回った。これは…

続きを読む

レバノン大統領は協力 記者会見はゴーンの敗北に終わった?

ゴーンが予告した記者会見の前に、日本政府は、レバノン日本大使を通じてレバノン大統領との会見を実現。一方、検察は、ゴーン本人・夫人のICPO手配、弁護士事務所の捜査を開始。一応、最低限のことはやったようだ。 政府は、レバノン大統領と会談。レバノン大統領は、全面的な協力を惜しまないとした。レバノン大統領は、日本・レバノン間の外交問題とさせないために、ゴーンに対し、日本の政治家の名前を記者会見に…

続きを読む

ゴーン逃亡を支援した集団は国際テロ組織である!?

田母神が珍しく、部下を守らない上司のことについて言及している。 本稿は、この田母神見解が意味することについて、現在起きている事象に当てはめ分析を試みる。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 田母神俊雄 ‏ 認証済みアカウント @toshio_tamogami 2019年12月28日 その他 …

続きを読む

「共産主義国家ロシア」と外交関係維持する歴史的意味

陰謀論的視点を少々加味すると、世界史的には、1900年以降、共産主義を歴史の主役とするシナリオで動いてきたように見える。 ①革命という手段が広く流布されることで、戦争が各地で常態化となる(フランス革命以降) ②世界最大の資源国ロシアを王政から共産主義化させることで、ロシア王朝が保有する貴金属等を略奪、ソ連と取引する資本家の利潤の極大化を図る ③世界全体を共産主義化させ、人類…

続きを読む

人気記事