報道すべきことは何か  共有すべきことが共有されない問題

フランスの国内事情について憂慮しつつ、ブログにて説明、分析される保守活動家がいる。―― 参考情報 ――――――――――フランスにおけるデモとユダヤ問題 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53302164.htmlフランスにおけるデモとユダヤ問題(続②) http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53302227.htmlフランスにおけるデモとユダヤ問題(続3) http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53302277.html―――――――――――――――――この方は、関西生コン摘発を警察当局に促すなどの活動で知られている。 野党議員にとっては、無視できない存在となった。 対照的に、徴用工事案で保守層が総じてヒートアップしている最中に、韓国に謝るべきだと逆説的なことを述べられる、人気作家がおられる。―― 参考情報 ――――――――――百田尚樹先生の「今こそ、韓国に謝ろう!」という話 https://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi/entry-12422397015.html「困った隣人!大韓民国」 ~百田尚樹×呉善花(オ・ソンファ)×居島一平~ https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35328145.html―――――――――――――――――自身が過去…

続きを読む

米朝首脳会談  トランプ・金正恩の密約の可能性

米朝首脳会談後の北朝鮮問題、保守系言論人たちの分析は、総じて悲観的である。 制裁強化の話がしぼみ、非核化について中途半端な結果に終わるだろうという予想が支配的である。 米韓軍事演習中止は、北朝鮮を利するとの見解である。 ただ、これらの指摘は、北朝鮮が中露陣営に留まる前提での分析である。 専門性を発揮し、いい線言っていると言いたいものもあるが、前提条件の設定が十分ではない気がする。 私は、トランプと金正恩の密約の可能性を疑っているため、シナリオ的視点から点検を行ってみた。 まず、公開され、誰もが知り得る、重要事項を並べてみる。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・米朝開戦するのか? ・北朝鮮に対し更なる圧力をかけるのか? ・北朝鮮を寝返らせ、中共包囲網とするのか? ・朝鮮半島統一(平和的手段、武力) ・在韓米軍を引き揚げ(非核化と交換条件で引き揚げ、非核化なしに引き揚げ) ・非核化(平和的手段、武力) ・拉致問題解決(平和的手段、武力) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このうち、米朝首脳会談によって、最初の二項目について、当面の動きがどうなるのか、確定した。 米朝開戦は遠のき、北朝鮮に対する更なる圧力は中断したということだ。 北朝鮮を中露陣営とみなした前提条件での、以下の指摘は至極尤もだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【激変する安全保障】米朝会談で消えた「最大限の圧力」 中朝ロの思うつぼ、火消しにやっきの日米 http…

続きを読む

こういうケースの「スパイ」なら志願すべきかもしれない

本稿、安倍政権が、経済力、技術力、大国への口添えという三つの切り札を有しているという前提に立った、政権の安全保障外交を支援する民間人確保という視点からの提言である。 世の中、スパイと聞いて悪いイメージしか持たないケースが多い。 中共スパイは、かような経緯で仕立てられることが、ある本に書いてある。||||| ここから引用開始 |||||||||||||||||||||||||||||||||||世界戦略を語る倉前盛通、小室直樹83頁 倉前 観光客以外でも、日本の代議士なんかでも、某野党なんか北京にいって女抱かされて、帰りに百万くらいおみやげをもらって帰ってくる。それで、もう北京さまさま。自民党だって、北京へ行って女を抱かされて金をもらって帰ってきて、北京一辺倒になったのがいるという説もある。それで日本政府から援助資金が出たら一割リベート。三千億円経済援助持っていくと三百億円リベートがくるというんですよ。だから、日本の政党というのはだめなんです。野党にもリベートの一部がまわってくるらしいから、社会党も公明党も黙っているという説がある。日本の与党、野党はみんなグルで、北京に金を持っていっちゃリベートをもらって、お互い分けてるという説があるんですよ。||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| しかし、世の中、捨てたものではない。相手国すべてが、中共のようであるとは限らない。そうでない国もあるような気がする。 こういうケースを想定したい。 「あ…

続きを読む

人気記事