ドイツが日本を見倣う時代?

岸田首相が原発9基再稼働を経済産業大臣に指示した。 選挙前の発言からすると、一歩踏み込んだ内容と評価しうる。岸田首相は、決断と実行の男に変貌しつつある。 首相、原発最大9基稼働を経産相に指示 https://www.sankei.com/article/20220714-FNYDAZC2XZPI5BAJFDPBQEOGOA/ さて、ドイツはエネルギー供給源をロシアに依存、ウクライナ紛争勃発後はウクライナ支援に廻ったこともあり、エネルギー供給不安による経済基盤の弱体化が指摘されている。 ロシア、欧州をガスで揺さぶり ドイツ経済に不安広がる https://www.sankei.com/article/20220713-25ZGN3MTVFMVJA6GQGCKBEIW6Q/ そのドイツが、中共と対抗する目的で日本と外交関係強化を目指している。中共ベッタリだったメルケル外交も修正せざるを得なくなった。 日独外相、対中念頭に連携 首脳協議来年開催へ調整 https://www.sankei.com/article/20220711-5M6VISCIGFM5LPVD53HOVCCBFQ/ ドイツと中国の関係は、戦前に遡る。ドイツが蒋介石を支援、上海事変の時代、日本軍はドイツの支援を受けた中華民国軍に手こずった。 「大隈重信、中国人を大いに論ず」(大隈重信著、倉山満監修)にて、首相だった大隈重信が書き残したものが現代語訳で読める。 …

続きを読む

ロシアを手玉にとる国

北野氏はメルマガにて、トルコが微妙なポジションにいることを指摘している。 ウクライナ軍事侵攻、西側諸国の動きばかり注目されているが、トルコの立ち位置を注視しておくべきだろう。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ RPE Journal==============================================       ロシア政治経済ジャーナルNo.2361                       2022/7/4 ======================================================= 先日、「カザフスタンのトカエフ大統領が、プーチンを裏 切った」という話をしました。 「まだ読んでない」方はこちら。 ↓ https://www.mag2.com/p/news/543532 今度は、トルコのエルドアン大統領が、プーチンを裏切り ました。 どういう話なのでしょうか? ▼トルコ、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟を支 持へ プーチンは、ウクライナ侵攻の理由の一つに、 「ウクライナのNATO加盟を阻止すること」 をあげています。 その目的は、達成されるかもしれません。 ところが、「副作用」が出てきました。 これまでNATO非加盟で、中立を維持してきた北欧のフィ ンランドとスウェーデンが、一転NATO加…

続きを読む

ユダヤの政治力が長期的に衰退?

陰謀論等の世界ではユダヤの世界支配は盤石みたいな書きぶりだが、長期的にみてユダヤの経済力を背景とした政治力が弱体化する可能性があるとみて、出稿を決断した。 そう考える根拠は二つある。 ■イスラエル政権の少数与党化傾向が今後も続く ネタニヤフが政権と取ったり、野党になったりしているが、実質少数政党乱立状態が今後も続く。 イスラエル連立政権、議員離反で少数派に https://jp.reuters.com/article/israel-politics-idJPKCN2N609N イスラエル野党の連立協議が急進展、ネタニヤフ氏退陣に現実味 https://jp.reuters.com/article/israel-politics-idJPKCN2DC00E ■ユダヤが支配しているはずのアメリカでの政治的混迷が顕著化? キッシンジャーのアメリカ分裂を憂える趣旨の?発言は、キッシンジャーからみてこれまでのようにユダヤ人がアメリカを支配することは難しくなったと見解を述べているように私には聞こえる。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆◇◆☆◇◆☆◇◆◇☆◆◇◆☆◇◆◇☆◇◆◇◆◇☆◇◆◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「宮崎正弘の国際情勢解題」        令和四年(2022)7…

続きを読む

インドという特異な国の存在

ウクライナ問題を通じて、インドという特異な存在があることが徐々に知れ渡りつつある。 以下はその事例。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・クアッド参加国で親日国、親露国、親イスラエル国 ・武器はソ連製 ・ロシア制裁に参加せず独自路線 ・輸入品目第1位は原油 ・輸出品目第1位は石油精製品 ・輸出品目第3位はダイヤモンド(かつてはダイヤモンドが第1位) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 鍵を握るインド 日印関係は クアッド終え中国にどう対抗? https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/83152.html インドは「ダイヤモンドと石油の国」、意外な歴史とは? https://diamond.jp/articles/-/280741 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ さて、インドとイスラエルの経済関係は強化されつつあるとされる。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ https://www.investindia.gov.in/ja-jp/country/israel イスラエル-インド関係 インドとイスラエルの外交関係は1992年に正式に確立されました。 イスラエルは2月にニューデリーに大使館を開設し、5月にはインドがテルアビブに大使館を開設しました。それ以来、両国間の二国間関係は、経済、軍事、農業、政治のレベルで開花しました。 …

続きを読む

イギリスがイギリスであり続ける理由

第二次安倍政権以降、日英関係が強化され日英関係が準同盟状態に入った。 私は、何かとアメリカが外交的圧力をかけ続けてきたことを根拠に、日米同盟以上に日英同盟が重要と認識している。加えてアメリカの場合、社会全般のモラル崩壊が著しい。今は強大であってもモラルなき軍隊が最強とは限らない。ウクライナに侵攻したロシア軍がなぜあれほど戦死者続出なのか。アメリカ軍もいずれそうなりそうな気がする。 その前提に立つと、イギリスは日本にとって頼れる国、頼りがいある国であって欲しいところだが、イギリスは本当にいつまでも頼れる国であり続けるのか。 ここで言う「イギリスがイギリスであり続ける」とは、西側諸国の筆頭横綱的存在という意味である。 別に、自称イギリスの専門家の如く、何から何までイギリスが良くて日本がダメだと言うつもりはない。日本人の国民性もイギリスに負けず劣らず優秀であるように思う。 仕事上の経験などを踏まえ、以下に日英比較を試みる。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■仕事への熱心さ、勤勉 歴史的に日本人の識字率は群を抜いている。大学進学率も高い。日本人はイギリス人以上に仕事熱心かつ勤勉な面がある。 ■インテリ層の存在 大英博物館に文書館が併設されていた時代、30年以上文書館に通った無名のインテリ層がいたとの記述が「物語 大英博物館」にある。ただ、日本の国会図書館にも、参考資料室を中心に通い詰めのインテリ層が数十人はいる様な気がする。日本人も負けてはい…

続きを読む

人気記事