騙される方が悪いのか

政治思想等についてのこだわりを捨てて物事を眺めると、見えてくるものがある。

たとえば共産主義思想。末端の支持者たちは搾取される奴隷でしかない。イデオロギー的に騙された結果、起きた現象である。

―― 参考情報 ――――――――――

共産主義政党が抱える矛盾
http://sokokuhanihon.seesaa.net/article/470731793.html

―――――――――――――――――




株式投資の世界においても似たようなことが起きている。今や世界有数のベンチャー投資家として名を馳せる存在となった孫正義は、果たして正義の人なのであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

ソフトバンク倒産か?wework問題はヤバイ。みずほ銀行にも危機が連鎖。ウィーワーク、サウジ、サルマン、CLO、ホリエモン。
https://www.youtube.com/watch?v=u_8WLeq5g1g

ソフトバンク、韓国での投資も失敗に終わる可能性! クーパンという赤字会社に3,200億円を突っ込んでいた! 上場もできずにウィーワークの二の舞か!
https://news-us.org/article-20191007-00100613003-korea

―――――――――――――――――

実相として投資会社。投資先の売り上げを加算して、時価総額を嵩上げするバブル経営はそろそろ限界に来ている。
孫正義は、ベンチャー投資という幻想を投資家にばら撒き、ソフトバンク延命に知恵を絞っている。
私は、ソフトバンクの株、みずほ銀行を株式を長期保有することは避けるべきだと思っている。
たとえ、孫正義が有能に見えたとしても、である。

なぜなら、株式投資は(投資者の)自己責任の世界であるからだ。騙された方が損するのは避けられない。




株式会社のルーツは、東インド会社に遡るそうだ。歴史教科書で学んだ東インド会社が、実は株式会社であることを知っておられるであろうか?

―― 参考情報 ――――――――――

299 オランダ東インド会社は世界最初の株式会社
https://www.jsanet.or.jp/seminar/text/seminar_299.html

―――――――――――――――――

奴隷商人、武器商人たちは、そうやって植民地支配した。政府直轄組織ではなく、人々を支配し、略奪、奴隷化し、歯向かう者は皆殺しするという民営企業が存在したのである。




植民市支配された国々の人たちは酷い目に遭わされた。各国を旅行された方ならご存じのことと思うが、その国オリジナルの子供の玩具が今も製造販売されている国は、実は数えるほどしかない。玩具専門店が存在する国となるとさらに少ない。
日本は、その点においては別格である。子供の玩具だけをみれば、世界トップクラスの種類がある。玩具専門店もたくさんある。
対して、一度でも植民地支配された国はそのようなことはない。インドネシアに出張したことがあるが、玩具に関してはほとんど何もない?印象だった。植民地支配企業は、その国の歴史、文化、伝統すべてをビジネスとして破壊、搾取したのである。




その一方で、東インド会社に出資したような、金持ちたちは、自分たちだけ安全な場所にいて配当を得てきた。
東インド会社が解散となった後、彼らは、投資先を各国の中央銀行、国際決済銀行に切り替えた気配がある。過去100年間は、どうだったか?

―― 参考情報 ――――――――――

マネーから紐解く世界の支配構造の恐ろしい歴史Part1
https://unvcoin-blog.com/nishimuracolumn/mw1

国際決済銀行
https://volunteer-platform.org/words/international-organizations/bank-for-international-settlements/

―――――――――――――――――

陰謀論では世界の中枢支配者は、国際決済銀行や各国の中央銀行の大株主である、ようだ。
株主として支配する点において、集団指導体制でもある。
共産主義国、共産党の集団指導体制も似たようなものだ。





「天皇のロザリオ」を書いた鬼塚英昭は、日本におけるその勢力の動きについて、分析し続けた。


―― 参考情報 ――――――――――

天皇のロザリオ.jpg

天皇家の財産
http://gijyuku.634tv.com/pdf/tennoukenozaisan.pdf

天皇は戦争中に何をしていたのか?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=329249

―――――――――――――――――

こういう風に書いたことで、私は不敬と言われるかもしれない。が、もともと私は、政治的に中立なポジションのノンポリ派だ。

どうしても解せないのが、2・26事件。開戦前・開戦後の山本五十六の不可解な決断と無茶な作戦企画、そして、なぜか当初計画どおり実行しない海軍の動きである。戦史叢書に書いてあることさえ、疑わなくてはならないレベル。
歴史書をいろいろ読んだ。しかし、山本五十六が馬鹿である、フリーメーソンであるというだけで説明がつかないことが起きていたとしか言いようがない。
イギリスのチャーチルやアメリカのルーズベルトが、世界を支配する者に操られていたように、日本にも(金融資本家レベルの大株主で)戦争を操る者が存在し、山本五十六に作戦命令を下した、、、と考えたら辻褄が合いそうなのだ。
「降伏」でなく「終戦」としたのは、世界の支配者との、「戦争契約」取引上の暗号みたいなもの。
特攻は、無差別爆撃への歯止め、「降伏ではなく終戦」とするための、、、ではなかったのか。これは仮説である。




こういう書きぶりは、厳密に言うと不敬な書きぶりかもしれない。
であれば、なおさら、表現の不自由展での、政治的に過激な表現となっている展示物に、言論上の一撃を加え、再発防止対策を提言、陳情すべきと言いたい。
今現在、河村市長一人だけで、大村知事とその一派に立ち向かっている。援軍を差し向けなくてはならないということになる。

知事だけでなく、(似非)芸術監督、(似非)芸術監督を選んだ(似非)専門家について、組織的に抗議すべきだ。在日韓国人にだけ「ヘイト」が問題視され、日本人に向けられた「ヘイト」が何をやろうと違法ではない現状について、問題だー問題だー、というだけで陳情書や請願行為すら確認されていないことは致命的である。

問題だー問題だーは、騒いでいるだけのこと。騒動屋も煽動屋も不要。

そもそも活動が、活動の要求水準レベルに達していたのか?
要求水準レベルにないから、新参者のN国に票が流れるのである!




さて、つい最近判明したことだが、約1000人もの人が、当該弁護士に問題とすべき行状が本当にあるのか否か確かめもせず、呼びかけ人の情報を鵜呑みにして懲戒請求、その結果、懲戒請求された弁護士たちから訴訟を仕掛けられた事態が相次いでいる。

―― 参考情報 ――――――――――

控訴するもまた負けてしまう
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53333784.html

―――――――――――――――――

私は、この種の事案に係わるまいとしてきた。が、1000人もの人が扇動の結果裁判沙汰に巻き込まれ、それなりに続けてきたブログ活動も休止・閉鎖していることを知ると、一言言いたくなる。
1000人もの人が、それぞれ蒙った数十万円の経済損失と精神的苦痛、呼びかけ人はどう説明するつもりなのか?

戦術的に訴える立場であったはずなのに、アベコベに訴訟を起こされ、敗訴?が続くことは何を意味するか。

1000人もの人は、ネットに書かれた情報を信じ対応した、どちらかというと善意の人である。
その善意の人が、呼びかけられた内容を信じ行動、相手方弁護士から裁判起こされている状況で、私はとても当該広告出稿について納得できない。

本件の場合、呼びかけに応じたことが、(裁判が罠だとすれば)騙されたのと似たような現象を招いた。そのような本を宣伝する意味はどこにあるのか?それでも、まとめサイトは呼びかけ人の本の広告を出し続けている。まとめサイト管理人は、当該裁判の関係者か、当該出版関係者なのであろう。

そもそも騙される方が、、、ということなのであろうか?




(1852年、マルクスがエンゲルスに送った手紙の中で)「労働者ほど完全にバカな存在はない」と述べている。

―― 参考情報 ――――――――――

エンゲルス宛ての「マルクスの書簡」に書かれているとんでもないこと
http://nihonshitanbou.blog.fc2.com/blog-entry-313.html

―――――――――――――――――

かつて、私は、ロンドンにあるマルクスの墓を訪れたことがある。マルクスの墓は献花が絶えないそうだ。花は、スポンサーだったロスチャイルドが金儲けできたお礼なのかもしれない。
著者マルクスは「労働者をバカと呼び、軽蔑した」事実を振り返ると、マルクスは、騙される方が悪いと主張するに違いない。
豪邸で生活、貴族階級社会の頂点に君臨する不破某も同じように言うのではないか。


以上

"騙される方が悪いのか" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気記事