最終的に「中国のオリンピック参加自粛」を求めることになりそうです!

本稿は、シナリオ的にこういう見方ができるかもしれない、という試論の位置づけ。



まず、本稿作成にあたり、三つの仮説レベルの前提条件を立てることとした。

三つの仮説とは、①尖閣侵入をやめさせるのは習近平国賓来日の交換条件としている可能性があること、②防護服は220万着確保しているものの備蓄数を110万着に減少予定の中で廃棄するか寄贈先を探していた可能性があること、③防護服寄贈それ自体を個別取引条件とはしていない?ことである。


―― 参考情報 ――――――――――

領土議連、領海侵入を批判 「中国はあだ返すのか」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55395140X00C20A2EA3000/

小池都知事が中国へ防護服を送るのは正しい判断か?
http://agora-web.jp/archives/2044207.html

武漢肺炎問題で茂木外相が超有能な交渉役として活躍したと判明 中国側に要求を飲ませる
http://japannews01.blog.jp/archives/50532242.html

―――――――――――――――――



本題に入りたい。

東京都知事が、3月1日実施予定の東京マラソンの中国人参加自粛を求めるとしている。

例年の中国人参加数は1800人との情報がある。1800人の中国人にコロナウイルスをまき散らされてはたまったものではない。


―― 参考情報 ――――――――――

【東京マラソン】 中国人の参加自粛要請へ 知事、新型肺炎で
http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/56401788.html

―――――――――――――――――

この自粛要請は、東京オリンピックを半年後にひかえて、中国に対し、オリンピック参加についても後日同様に自粛要請する予定であるという意味が込められている。



中国政府が自粛要請に対し、どう反応するか、東京都知事はとりあえず観察しているととれる。



今回の知事の決断の延長線上に、おそらくとなるが、4月時点くらいに、中国のオリンピック参加自粛を求めることになるだろう。

では、中国は、東京マラソンそして、東京オリンピックについての、参加自粛を呑むかと言うと、おそらく呑まざるを得ないと予想する。

中国人が参加すれば、他国の選手が不参加とすることが予想されるからである。

そう考えると、国内各地そして東京都から中国に寄贈されることになった、自治体所蔵の大量の防護服、マスクはどういう意味を持つのか?



日本の各地スポーツ大会、東京オリンピック参加したいなら、まず、日本から寄贈した防護服、マスク等を活用し、コロナウイルス問題をスポーツイベント開催日よりも一か月程度前に終焉させて欲しい、でなければ参加しないで欲しい、という言外のメッセージが込められているのではないか。



保守系言論人たちは、国内の衛生装備品の備蓄が減ることに繋がる、防護服やマスクの寄贈を批判しているが、(私もどちらかというと批判的)よくよく考えると、自分たちが使うことになるかもしれない?予備の?防護服やマスクまで削って、中国のために寄贈したのに、スポーツイベント開催日までにコロナウイルスを終焉させられなかったことを根拠に、主催側として、当面の中国選手のスポーツイベント参加拒否することで、航空便の受入れ拒否、上陸拒否措置、三つの措置を同時並行的に実施することが可能となる。



当然のことであるが、①イベント参加拒否、②旅客便・フェリーの受入れ拒否、③上陸拒否は三つ同時に実施されなくてはならない。どれか一つでも容認されることがあれば、中国人入国禁止を徹底させることに繋がらない。

二階幹事長が窓口として対応したのは、寄贈した物品が中国国内で放置されたり、中国国内で横流しされたり、逆流して日本に再輸出されることを想定した場合、大臣が窓口となった場合責任問題となることを避ける意味があるように思う。

そして、二階幹事長は、良い意味でも悪い意味でも悪役が似合う政治家である。



コロナウイルス対策に関して、政権が選んだ措置、判断は、概して手遅れ、WHOや中共に忖度した傾向が強いとの認識が一般的であるが、防護服やマスクの中共への寄贈は、私としては「東京オリンピックを成功させるための事前取引手段」として編み出され、実施されたと信じたい気持ちである。

政府がとった対応は、すべからく支離滅裂に見えて仕方がないが、武漢在住の日本人を手際良く帰還させた政権としての実績はきちんと評価されるべきだろう。


以上

"最終的に「中国のオリンピック参加自粛」を求めることになりそうです!" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気記事