「不自由展」対応策について

本稿は、不自由展対応策として、ヘイト法改正、在留資格等取消し、個別法制化等が考えられることを示すことを目的としている。



ヘイト法法制化の黒幕が在日、組織的には民団、公明党支持者であることはご存じのことと思う。

―― 参考情報 ――――――――――

ヘイト法法制化の黒幕  更なる法規制強化を避ける方法
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/464780422.html

―――――――――――――――――



超限戦を仕掛け始めた中共が、国内の左派を相手にせず保守系議員をターゲットとし、ヘイト法、女性の活躍云々、夫婦別姓、LGBT法案等を仕掛けた可能性がある。
まんまと乗せられたのが、フワフワした女性議員たち、、、

―― 参考情報 ――――――――――

変な法律………
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/481795308.html

―――――――――――――――――

ヘイト法法制化時の自民党政調会長は、リベラル稲田議員。当時、西田議員ばかりが悪者扱いされたが、最近の夫婦別姓、LGBT法案推進の動きなどから、リベラル稲田議員が自民党の黒幕とみていい。


そのヘイト法推進者たちが実はヘイト行為を行なっていたことが、東京オリンピックをきっかけに徐々に表面化しつつある。

―― 参考情報 ――――――――――

水谷隼が誹謗中傷に警告→在日コリアン「IOCは水谷から金メダル剥奪すべき。差別する…差別発言」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8346.html

―――――――――――――――――


この事実は、法務省人権擁護局が実施した、日本人を対象としたヘイト啓蒙活動が誤りだったことを意味する。


事態は、何も改善されないのであれば、ヘイト法を改正するか、在日に対するヘイト法啓蒙活動を強化するか、ヘイト行為を出入国管理法令の上陸拒否事案とするか、ヘイト行為を行なう外国人の在留資格取消し、ヘイト行為を行なう帰化人の帰化取消しとせざるを得ない状況となりつつある。

―― 参考情報 ――――――――――

ヘイト法以外の対応策を模索すべき案件
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/482695746.html

―――――――――――――――――

そもそも日本を憎み貶める外国集団・外国人に対し、日本政府が日本に居住できる保証や法的根拠を与えてきたことが問題だった?と言わざるを得ない。


他に、個別案件ごとに対応、処理する手法もある。

たとえば、日の丸損壊等に係わる行為については、立法化できる余地がある。Suica割さんのアイデアを紹介させていただく。

||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||

https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/482695746.html#comment

Suica割


(外国国章損壊等)
第九十二条 外国に対して侮辱を加える目的で、その国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪は、外国政府の請求がなければ公訴を提起することができない。

日章旗の損壊等に使えないかと応用方法を考えてます。一例として、
(日本国国章損壊等)
1 日本国に対して侮辱を加える目的で、日本国の国旗その他の国章を損壊し、除去し、又は汚損した者は、二年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
2 前項の罪は、日本国政府機関及び日本国の公的機関(政府の言論弾圧名目の批判の封じ込めのため。やるなら、民間有志主体)以外からの請求により、公訴を提起するものとする。
2021年08月02日 18:45

||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||


有志議員による国旗損壊罪法制化の動きもあった。

―― 参考情報 ――――――――――

国旗損壊罪法制化の政治的意味
https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/479868059.html

―――――――――――――――――


次に、皇族関係者への侮辱行為の対応策について述べたい。まず、不敬罪法制化が考えられるが戦前とは政治状況が異なるので実現不可能と認識。代替策として、宮内庁が皇族の肖像権を一括管理することを提案する。具体的には、皇族の肖像権管理上、皇族に係わる動画、画像の加工等を許可制とするか禁止(一部有料化)するのである。

―― 参考情報 ――――――――――

映像表現のタブーを宮内庁に直撃! 皇族の肖像権と権利侵害行為の行方
https://www.premiumcyzo.com/modules/member/2010/11/post_1649/

佳子さまは写真集も 皇室の肖像権はどうなっているのか
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/211849

―――――――――――――――――


特に、外国人に対する、皇族の肖像権管理を徹底する必要がある。そのうえで、外国人による、皇族侮辱行為について上陸拒否、在留資格消滅、帰化取消し要件とすることである。

これら個別措置の法制化等により、不自由展レベルの展示物の国内への持ち込み、展示行為等の制限が相当程度可能となると予想する。

保守ネット界においては、依然として問題だー、問題だーとする意見が支配的な案件だが、陳情ベースで考えれば、打開策となりえる手段が存在すると考えるのである。



以上

"「不自由展」対応策について" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気記事