外交的に仕掛けられ続けている問題

韓国「ホワイト国」復帰検討報道が一人歩きしている。保守派は譲歩する必要がないと主張しているが、デタラメ報道、飛ばし報道について、継続的に追及する組織が見当たらない状況にある。 韓国に譲歩する理由は全くない https://pachitou.com/2023/01/29/%e9%9f%93%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%ad%b2%e6%ad%a9%e3%81%99%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%e3%81%af%e5%85%a8%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84/ 他に、日本政府が外交的に受け身にならざるを得ない事案もある。 仕掛ける国は、中韓に集中。それを利用してアメリカは日本にたかってきた、、、面がある。 中韓による外交的仕掛けはいろいろある。 ■国連を舞台に日本政府に圧力をかけ続ける勢力の問題 杉田水脈の調査で弁護士会が国連での反日活動が続けられたた経緯がある。今回は各国の主張が列挙された議事録だと産経は報道しているが、このような主張を継続されて日本の国連大使は何をしているのか!と言いたい。職務的に反撃に出ないことは問題ではないのか。国連外交が優雅な外交ゴッコ状態のままでいいのかといつも思う。 日本に人権機関設置を勧告 死刑廃止も、国連作業部会 https://www.sankei.com/article/20230202-UZZBWIYDB5N2TD2YVO5KBVAIEM/ ■…

続きを読む

活動の成果

保守活動界の一角、日本第一党にとって初?と言ってもいい成果が産経から配信された。 その産経は、日本第一党の活動を無視してきたが、この報道は素直に評価したい。 神奈川新聞記者に賠償命令 街頭演説中に「でたらめ」発言 https://www.sankei.com/article/20230131-RZ3E52EDHRPMTF562OLO2RTERQ/?ownedutm_source=owned%20site&ownedutm_medium=referral&ownedutm_campaign=ranking&ownedutm_content=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E6%96%B0%E8%81%9E%E8%A8%98%E8%80%85%E3%81%AB%E8%B3%A0%E5%84%9F%E5%91%BD%E4%BB%A4%E3%80%80%E8%A1%97%E9%A0%AD%E6%BC%94%E8%AA%AC%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%81%A7%E3%81%9F%E3%82%89%E3%82%81%E3%80%8D%E7%99%BA%E8%A8%80 佐久間吾一さん石橋記者に勝訴 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53444622.html ただ、この成果は、1~2万人いると思われた日本第一党の党員が、裁判そして街頭・ネット活動を通じ…

続きを読む

誰を手本とするか

産経にて石原慎太郎の記事が配信されたので触発されて出稿することにした。 石原慎太郎氏没後1年 その生き様が日本人に問いかけること https://www.sankei.com/article/20230201-QN5LPXIHFFDPPFL6DWOERJD5LM/ ・石原慎太郎  知る限り、戦後の保守政界において最も影響力あった方である。能力において、意志において、人脈において、この方の右に出る方はいない。中川昭一も似たタイプだった。  たちあがれ日本結党直後の演説会にて、石原慎太郎は自己犠牲について語られた。当時の石原慎太郎は、語り過ぎて、オバマから暗殺指令が出たそうだが、そういうことを恐れない強靭な精神力を有する政治家だったように思う。 ・渡部昇一  知る限り、戦後保守言論界最大の巨塔そして読書家。学生時代から勉強家だった方である。私的には、メルマガ、ファンサイトを通じて感想の送付、連絡等させていただいた。(私の)情報提供結果が、とある本のまえがきに反映されていたことを後で知った。 ・平沼赳夫  民主党政権時代の保守政界の精神的支柱。現在は、息子さんが衆議院議員となられ、親父さん同様、保守の伝統を継承しつつある。息子さん平沼正二郎のお姿をツイッター等で拝見すると中川昭一の若い頃に似ている気がする。それくらい、息子さんの成長に期待している。 平沼正二郎 https://shojiro.info/ ・田母神俊雄  一時ほど影響力はな…

続きを読む

官界中枢の掟 (怖い)菅さん再登板の問題

第二次安倍政権以降、官邸主導で意思決定する政治スタイル(特に安全保障、外交分野)が踏襲されているようである。 「安全保障戦略」にて、兼原信克は官界中枢の掟について、かく述べている。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ 6 総理大臣等裁定や閣僚調整結果は絶対である 閣僚の意見が対立する場合には、官房長官の裁定に持ち込まれる。場合によっては総理大臣に話が上がる。時間以下の事務レベルの調整であれば、内閣官房副長官や副長官補のレベルの裁定もある。総理大臣、内閣官房長官、内閣官房副長官の裁定は絶対である。そこは、説明や報告の場ではない。日本政府としての意思を最終決定する場である。政府の意思は一つである。政府としての結論に異を唱えるのではあれば、辞職するのが吏道である。 なお、総理官邸の最高指導部はチームで動いている。総理大臣、官房長官、官房副長官(衆議院、参議院、事務)は、毎週一回の定例幹部会のほか、頻繁に意思疎通を図って、チームとして動いている。 説明しやすい相手や、了承の取りやすい相手を選んで、「飛び石」式の説明や「つまみ食い」式の説明をすると、かえって不信感を持たれる。また、他省庁を出し抜いて、いきなり総理、官房長官、副長官などのところに駆け込んで了承を取り付けるようなことはしない方がよい。他省庁の寝首を掻くようなやり方は嫌われるし、結局、霞が関の仲間の信頼を失う。 △△△ 引用終了 △△△ これはタテマエの話である。 菅(当時の)官房長官は、第二次安倍政権の要とし…

続きを読む

国の政策はなぜ国民に伝わらないのか

元厚生労働省職員千正康裕が書いた「官邸は今日も間違える」という本にて、第4章「国の政策はなぜ国民に伝わらないのか」について思うところがあるのでテーマとしてとりあげさせていただいた。 見出しの構成はこうなっている。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ 第4章 国の政策はなぜ国民に伝わらないのか 構造的要因が 1 官僚はなぜ伝えるのが下手なのか わざとではない 受験エリートの官僚たち 難解な文章を読むことに慣れすぎて 日本で最も怒られることが嫌いな人たち 客を選べない辛さ 生活者の経験がほとんどない 2 霞が関には国民に伝える仕事はこれまでなかった かつてはプロだけでつくれた 周知広報は中間組織と自治体の仕事 官僚が伝える相手もプロ 市区町村と住民の距離も広がる 3 大手メディアの機能低下 新聞とテレビを見なくなった国民 4 広報の仕事と役所の意思決定システムの矛盾 幹部ほど広報は下手 幹部に聞いてどうする △△△ 引用終了 △△△ この見出しの中で敢えて読みたい箇所はあるか。私はほとんどない。そして、この本の内容に賛同できる点が少ない。 一応、改善策についての記述を見つけた。 国会対応部分はなるほどと思う。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ 実は、国会が開会されていると、霞が関の動きを止めてしまうということを、国会議員たちはよく知っている。 2020年4月…

続きを読む

人気記事