在日米軍駐留経費大幅引き上げ キッシンジャーの関与?

本稿は、言論界で話題となっているボルトン暴露本に係わる試論の位置づけ。 ニクソン政権時代外交デビュー、その後の国際社会を差配し続けた、キッシンジャーについては、中ソ分断思考の前提で敗戦後の日本の復活を過剰に受け止め、中共の経済的かつ軍事的台頭を招いたとの評価が定着しつつある。 ―― 参考情報 ―――――――――― トランプ大統領に感謝   7月8日(水) http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1283.html ――――――――――――――――― その前提で、「在日米軍駐留経費大幅引き上げに係わる暴露話」について分析を試みる。 ―― 参考情報 ―――――――――― トランプ氏、在日米軍駐留経費8500億円超要求 ボルトン氏が著書で明かす https://www.sankei.com/world/news/200622/wor2006220010-n1.html ――――――――――――――――― これは、トランプ政権内で潰されたシナリオなのか? それともトランプ政権のホンネなのか。 トランプが望んでいるとの説は捨てがたいが、トランプの背後に居る連中が、トランプに言わせようとしていると私は解する。 在日米軍で金のかかる軍事機器が、空母と戦闘機であることを知れば、ボルトン本のシナリオは、百数十機ものF35の追加調達の日本政府決定を急がせるため(コロナウイルス騒動で売り上げ減少…

続きを読む

無防備・お人良しではいけない

2泊3日で遠出しており、更新が滞っておりました。 今日から再開します。 本稿は、日本人は、歴史的に外国との接触、交流において、①性善説に立った無防備さ、②(相手が反日なのに)お人好し過ぎること、などの現象について、説明することにある。 以下、八つの視点から分析を試みる。 ■その1 キリスト教布教に対する認識不足の問題 歴史教科書などでは、日本でキリスト教の布教に功績を残したとされるフランシスコ・ザビエルは、キリスト教界の聖人であるかのような書きぶりとなっている。が、前任地のゴアでは異端審問に係わったことが書かれていない。彼は、聖職者として火刑に立ち会ったことが、ユダヤ関係の歴史書に書いてある。 聖人がやることなのか。 当時のキリスト教宣教師たちの中には、武器と交換で日本人奴隷を商品として扱った人がいたそうだ。 つまり、歴史家的視点に立つと、戦国時代の日本における、キリスト教の布教とは、表の顔としての口実に過ぎず、布教に協力する武将に武器を供給、布教に協力しない武将を滅ぼし、最終的に日本のキリスト教化を目指し、その過程において、滅ぼされた地域の人々を奴隷としてアジア各地に売り飛ばした、と疑うべきなのである。 ■その2 日露戦争で戦費調達に協力してくれたユダヤ人に無防備だった問題 どの歴史書とは書かないが、日露戦争時代の歴史書にて、戦費調達に協力してくれたユダヤ人の金貸しが居てくれたおかげで日本は戦争継続できたことに感謝するかのような記述…

続きを読む

GHQが壊した?地域社会

この時期、毎年のように、各地で洪水、土砂災害等が発生する。災害続きで、自衛隊が出動する機会が年々増えている気がする。 さて、自然災害大国?と言ってもいいくらいの日本で、自治体と連携して、対応してきたのは自治会組織である。 その自治会組織、一見目立たないことではあるが、GHQは「町会解散命令」を出したことがあるそうだ。これにより、地域社会の絆を破壊したとの指摘がある。 ―― 参考情報 ―――――――――― GHQが「町会解散命令」した意図 http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1250 ――――――――――――――――― ここに書かれていることは大都市圏での話と思う。 私が育った地域の自治会役員たちの多くは、大正生まれの公務員。比較的熱心な自治会活動が行われたように思う。夏は盆踊り、ラジオ体操、キャンプ、家族参加の温泉旅行などが毎年のように行われた。回覧板も、昨今のような、空疎なものではなかった。 GHQが「町会解散命令」まで出したのは、はっきり言ってやり過ぎ。 敗戦革命理論的視点で分析したい。 町会解散命令で、実態的に骨抜きにされたのは、災害対応ではないか。敗戦革命論者が、「町会解散命令により、災害が革命のきっかけとなること」を思いついたのではないか。 災害発生に乗じ、革命しやすい社会構造にすべく、誰かがGHQに唆し、お馬鹿な?GHQが命令を出したと見るべきだろう。 さらに、GHQが占領軍…

続きを読む

国連での異変はなぜ起きたのか 深読みしなくていいのか

国連の場で、異変が起きた。香港国家安全法に賛成した国が意外にも多数派。 ―― 参考情報 ―――――――――― 香港国家安全法に賛成した国、反対した国 https://yamatonoibuki.seesaa.net/article/476083608.html ――――――――――――――――― AIIB関連と思われる国に加え、中東産油国まで賛成に回った。これは何を意味するのか? 今のところ、国別事情を踏まえ分析した情報は見当たらない。 とりあえず、AIIB設立経緯に遡って眺めてみたい。 たとえば、AIIB創設に関係したイギリスは、GDPに占める金融セクター比率が約10%に達する「金融立国」と言われる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 英国の人民元戦略(2):AIIB は第 2 段階への足掛かり? https://www.iima.or.jp/docs/column/2016/0201_j.pdf アジアインフラ投資銀行の船出 https://core.ac.uk/download/pdf/288457075.pdf AIIB は国際金融秩序変革の転換点と成り得るか https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/rim/pdf/8336.pdf ――――――――――――――――― 深読みすると、英国系金融機関が、イギリスのAIIB参加を望み、イギ…

続きを読む

小学校で教えるべきこと、教える必要がないこと

先日、歩道に乗り上げた状態で駐車している車(道交法的には駐車違反状態)を眺めていたところ、その車がそのまま直進、花壇にある丈数十センチの花をなぎ倒した後、車道に移動しつつ走り去った。後でわかったことだが、運転していた人は、小学校低学年の娘さんを持つ母親。 私は、この母親に育てられた娘さんがかわいそうになった。園芸種としての花と雑草の区別がつかないのであろう。 こんな事案もあった。 4人家族、幼児を持つご家庭のご主人、草茫々の敷地の草を整理する際、球根を植えてある箇所まとめて、堀り上げてしまい、植えてある球根のほとんどを台無しにしてしまった。 来年分の球根、私の家の分を進呈すべく、準備中であるであるが、親世代が花というものを知らない根本対策として、「小学校主催で、親子で花を植える、育てる機会(イベント)の確保」を提言する。 話題を変えたい。 近年、小学校教育で話題となるのは、英語教育の必要性の是非だった。 外国語を不得手とする日本人が多く、小学校時代英会話塾通いしたこともあり、英会話を小学校で学ぶことに絶対反対ではない。 むしろ、言葉というものについての扱いに習熟するべく、就学前の家庭内教育、国語教育の内容を充実させるべきと考える。 では、国語教育はどうなっているのか。小学校の国語教育、いまだに読書感想文という課題設定があるようだ。私は、読書感想文については、社会に出てから仕事上、感想文を作成することはないことから、読書感想文そのものの必要性…

続きを読む

工場至上主義の弊害

トヨタの株式時価総額がテスラに抜かれたそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米テスラ、トヨタ抜き首位 時価総額22兆円、新旧交代 https://www.sankei.com/economy/news/200702/ecn2007020005-n1.html テスラ株、3日連続で最高値 4~6月の販売堅調 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61107010T00C20A7000000/ トヨタを超えたテスラ 株高支える買い手の変化 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HN1_S0A700C2000000/ ――――――――――――――――― この現象は何を意味するのか? モノづくり日本の精神、良品を市場や顧客に供給する多くの日本企業の姿勢を否定するものではないが、企業の広報・イメージ戦略、株式価値を高めることに秀でた上記テスラ事例を示されれば、とかく堅実さが目立つトヨタも少しは変わらざるを得ないのではないか。 どういうことか。トヨタは基本的に高度成長期路線を踏襲しつつ生き残った最後の大企業と私はみている。 以下にて、高度成長期に日本が経済発展できた秀逸な分析が読める。 ―― 参考情報 ―――――――――― 高度成長期の生産性が高かった理由 http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1249 …

続きを読む

人気記事