岸田外交 着実な成果

岸田という政治家は好きでないが、今回の外遊は、安倍政権時代に外務大臣を経験したためか(実際は忍従させられた)、安倍外交を踏襲する形で進展があった。素直に岸田政権の実績として認めたい。 とりあえず、フランス、イタリア、イギリス、カナダのうち、今回の訪問実績として、明らかに進展あったのはイタリアとイギリス。カナダとフランスは次回首脳会談時に期待できそうだ。 保守層の大半が岸田を見放しつつあったが、今回の外遊についてはとりあえず合格点の評価でいいのではないか。 ■フランス フランス訪問は、安倍政権時代と比較するとアットホームな雰囲気だったようだ。 https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/page4_005738.html 日仏首脳夕食会及び会談(令和5年1月9日) 岸田総理大臣のノートルダム大聖堂訪問(令和5年1月9日) ビロル国際エネルギー機関(IEA)事務局長による表敬(令和5年1月9日) 岸田総理大臣とファビウス仏憲法院院長の懇談(令和5年1月9日) アズレー・ユネスコ事務局長による岸田総理大臣表敬(令和5年1月9日) ■イタリア 今回のイタリア訪問にて、双方の外交関係の格上げが確認された。戦闘機の共同開発国という縁を双方が認識した結果となった。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/it/page4_005746.html 1 二国…

続きを読む

建前しか言わない人 本音しか言わない人

世の中には、ビジネス書を買い漁り、名言録などを読みふけり満足する人たちが一定数存在する。 私の新入社員時代の上司がそうだった。昭和20年生まれ。学卒。出世しそうなタイプだったが、肝心な場面で逃げ出す、小心者。酒席も安い居酒屋しか行かない。いつもワリカン。ダメな上司と悟り距離を置くことにした。現場設備のトラブル対応について意思決定する重要な会議を、自分の仕事はロータリークラブ会合に出席し対応することであると、言い放ち欠席した「大馬鹿」である。 こういう輩がいる限り、現場が良くなることは決してない。 そして、そういう輩が好んで尊敬する人物として挙げるのが、山本五十六や徳川家康である。 山本五十六については、真珠湾攻撃が戦略的大失敗という歴史的評価が定まりつつあるので、特段コメントする必要はない。私的には二十世紀最大の阿呆レベルとみている。 問題は徳川家康の方である。本当に、タテマエしか言わないのだそうだ。 本心は絶対に口にせず、必ず部下に言わせる……天下人・徳川家康の"ずるすぎる成り上がり処世術" https://president.jp/articles/-/64977 似たような傾向は、第二次大戦時代のチャーチルについても言える。 日華事変前後での蒋介石国民党政権のスポンサーがイギリスであり、蒋介石を陰で操っていたのがチャーチルであることを知っていると、チャーチルが回顧録で語っていることはタテマエであることがわかる。 イギリス史のジンクス ht…

続きを読む

行政機関における法令遵守の(本来の)意味

横文字のコンプライアンスという言葉を各企業が使う時代となった。法令遵守と同じなのか違うのか、漠然と疑問に思っている。 解説サイトを読んでも今一つの答えとなっている気がする。 不正競争防止法、公益通報者保護法も含まれるとする考え方もあるそうだ。 コンプライアンス【compliance】法令遵守 https://e-words.jp/w/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9.html 基本的なことが見落とされているように思う。 定義的には、以下の考え方でいいように思う。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ https://blog.roborobo.co.jp/compliance/%E6%B3%95%E4%BB%A4%E9%81%B5%E5%AE%88%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%81%A8%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B9/ 法令遵守とコンプライアンス遵守は同義ではない コンプライアンス遵守は法令遵守と同じ意味と捉えられることもありますが、正確には異なります。 法令遵守は法律に明記されていることを守るこ…

続きを読む

師弟関係について

優れた先人(上司)には弟子みたいな人(部下)が必ず現れる。ジンクスみたいなものだ。 私の場合は、早稲田大学法学部卒雄弁会出身の経理屋がそうだった。 雄弁会の歴史 https://www.yu-ben.com/%e9%9b%84%e5%bc%81%e4%bc%9a%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2/ 私は理系、技術屋だったが、いわゆる骨太の論理とはどういうものか、技術屋、事務屋を超えた垣根のない付き合いを通じて学んだ。 多くの同僚は、この上司を嫌ったが、私は違う。学ぶべきところがある人だと素直に思った。 そんな私にも弟子入り志願みたいな部下が複数現れた。退職の日に、愛読書を数冊差し上げて別れた。 そういう経験をしているので、師匠が亡くなってもその弟子のまま終わりたいとする、落語の世界の弟子の話を聞いても驚かない。 「円楽の弟子のまま終わらせてください」 https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E6%95%85-%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%86%86%E6%A5%BD%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E5%BC%9F%E5%AD%90-%E6%A5%BD%E3%90%82%E3%81%8C%E5%BB%83%E6%A5%AD%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8-%E5%B8%AB%E5%8C%A0%E3%…

続きを読む

日英外交強化の目的

岸田首相は、フランス、イタリア、イギリス、カナダ、アメリカの順に外遊することが発表された。ドイツは今回の訪問日程にない。親中国なので外したか、優先順位的に低い存在なのだろう。 最初はヨーロッパ。フランス、イタリア、イギリスの順、最後の三カ国にアングロサクソン系を選んだのは、重要な意味がある。岸田は正直な政治家だとつくづく思う。 イギリスは第二次安倍政権以降の準同盟国、カナダは対ロ軍事戦略上、アメリカと同様欠かせない国。アメリカを最後の訪問国としたのは妥当なところ。 G7サミットへ地ならし、岸田首相が欧米歴訪出発…バイデン氏との会談で「同盟を強固なものに」 https://www.yomiuri.co.jp/pluralphoto/20230109-OYT1I50008/?from=yhd ここで、「歴史の教訓」(兼原信克)のある一節を読んでおきたい。 ▽▽▽ 引用開始 ▽▽▽ 戦後長らく一ドル三百六十円だった為替レートは、一九八〇年代に徐々に上昇して二百五十円程度になっていたが、一九八五年の日米プラザ合意以降、一ドル八十円に跳ね上がった。 今でも百円強ぐらいが相場である。 その結果、日本の消費者にとっては、外国製品が以前の六割引き、七割引きになった。それは消費生活を豊かにした。 中略 その一方、急激な円高で日本の輸出産業は窒息した。同時に対外直接投資が急伸した。ドル換算した資産が三倍になって、日本の製造業は安い労働力、魅力的な投資環境を求め…

続きを読む

人気記事