NHK会長 WHO アビガン イスラエルロビー インバウンド インフル特措法 オリンピック カジノ カジノ利権  ユダヤ イスラエル問題 トランプ キッシンジャー キッシンジャー 思想哲学 哲学書 グリーンベレー コロナウイルス コロナショック コロナ対策 コロナ終息 ゴーン ジャーナリスト スパイ スパイ防止法 ツイッター テレビニュース テロリスト デマ報道 フェイクニュース ヘイト条例 ベストセラー ホメイニ ポスト安倍 マスク レバノン ロビイスト 上陸拒否 世界観 中国人労働者 中国人旅行者 中国人留学生 予防 交通遮断 保守系団体 保釈 偽善 入国拒否 入国禁止 公衆衛生 共謀罪 再エネ 出入国管理 動画 厚生労働大臣 厚生労働省 参議院選挙全国比例 受信料 受信料収入 同盟 名著 国会法改正 議員懲罰 議員リコール 国会運営 選挙戦略 国賓 在日米軍 在韓米軍 安全保障 官僚 官邸 定説 専門家 弁護士法 強要罪 思想哲学 情報通信 放送事業 感染症 感染症対策 感染症死亡者 憂国 憲法 憲法改正 戦争論 戦勝史観 戦後レジーム 扇動 放送法 政権評価 スパイ工作 政権運営 政治家 政治屋 政治活動 政治騒動 教科書検定 教育改革 敵基地先制攻撃 日中共同宣言 日中国交宣言 日中新時代 景気回復 景気対策 東京マラソン 検疫 武漢 歴史哲学 思想哲学 儒教 キリスト教 歴史哲学 捏造史観 歴史書 歴史認識 死亡者 法の不備 法の未整備 法改正 法整備 減税 為替 煽動 特命担当大臣 生物化学兵器 疫学調査実施要領 発達障害 皇室 皇族 省庁再編 石油取引 石油覇権 神道 私権の制限 税制 統計 緊急事態宣言 習近平 華僑 著作権 行政責任 裁判官弾劾 裁判所 要望書 視聴率 親日 解散総選挙 言論人 記紀 記者会見 読書感想文 議員連盟 護憲 逃亡罪 邦人救出 野党による審議拒否 スパイ工作 野党自爆 閣僚人事 防疫 陰謀史観 陰謀論 陰謀論 世界の支配者 客家 陳情書 非常対策 首都機能移転 地方創生 香港 騒動 黒幕 IR NHK NHK放漫経営 PMC

遡ると支配者のルーツはみな同じ?

世界は、途方もない金持ちによって支配されているとする説がある。 世間そして学術研究分野では陰謀論であり、歴史的事実ではないと扱われてきているが、果たしてそうなのか? 戦後まもなく始まったフルブライト留学は、学界に親アメリカ信者を増やすことが目的だったはずだ。アメリカ留学を通じて、日本人をキリスト教化、CIAエージェントに仕立て上げ、従わない者は、学者として生きる道を排除した形跡がある。 私が知る、戦中派の学者でフルブライト留学経験ある?大学教官の相当数はクリスチャン、親米だった。 彼らの世代、博士号取得に係わる、外圧というか東大を頂点とする利権は存在したはずである。 旧帝大の七不思議の一つだと思っていることで、航空工学科がある大学とない大学がある。 三菱航空機がかように難産するのはなぜであろうか? 技術的ではなく、政治的に、そうさせられていることは周知のとおり。 ある時期、東大教官になるには中国共産党の了解が必要だったとする噂を聞いたことがある。今は帰化したようだが、在日の反日外国人がふんぞりかえっていた東大の学科もあった。GHQはそうやって日本支配しようとしたのだ。 アメリカの各界が中共に汚染されたことが表面化する昨今、日本の大学は先行して赤化した。 さて、中共と闘う姿勢を鮮明にした、トランプ政権、カジノ経営者が有力なスポンサーであるとされる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 日本進出を断念 米カジノ大手サンズ ht…

続きを読む

IR摘発の背景にあるもの 日米中水面下の暗闘

本稿は、IR摘発事案について、日米中暗闘の結果、起きたものであることを推論として示すことを目的としている。なお、私は、安倍政権無条件支持派ではない。 安倍首相を憎んでいる勢力が、アメリカと中共に存在する。 アメリカ民主党は、トランプ政権を倒したがっている。当然、トランプの盟友的存在である安倍首相が気に入らない。 対抗して、トランプは、中共マネーに買収された、アメリカ民主党関係者情報暴露を準備?しているとする情報がある。 田中宇のメルマガは、トランプに仕掛けられた謀略がかなり手の込んだものであることを指摘している。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米英諜報界内部の暗闘としてのトランプのスキャンダル http://tanakanews.com/191227scandals.htm ――――――――――――――――― ふりほどいてもふりほどいても、トランプには災難がふりかかる。とても、外交活動できる状態にはなさそうだ。 トランプに仕掛けられた謀略を知れば知るほど、アメリカ民主党と中共が手を組み、トランプの盟友である?安倍政権に謀略を仕掛けても何ら不思議はない。 注意:安倍政権が、習近平の国賓受け入れを表明している関係で、(アメリカ寄りの)検察が、親中政策をとろうとしていることへの警告として、自民党議員をIRネタで摘発したとする分析がある。これについては、安倍政権は習近平の国賓受け入れを切り札として、日中関係の戦後処理、北朝鮮問題…

続きを読む

習近平来日前の「日中の暗闘」が始まった?

IR誘致に関連して、米中は貿易戦争の最中、利権獲得競争状態にあることを察知、出稿することとした。。 トランプのスポンサーは、ユダヤ系のカジノ資本だそうだ。 ―― 参考情報 ―――――――――― イスラエルとトランプの暗闘 http://tanakanews.com/191212israel.htm ――――――――――――――――― 対して、中共側は、日本国内の土地(とりわけ北海道)を大量に買収するなどして、カジノ利権確保に躍起になっている。 これとは別に、安全保障対策上の措置として、企業買収に係わる外資規制強化する外為法改正が、直近で行われた。政府として、中共資本の不可解な動きに敏感に反応せざるを得なくなった可能性は十分にある。 ―― 参考情報 ―――――――――― 改正外為法が成立 安保対策で外資規制強化 参院本会議 https://www.sankei.com/politics/news/191122/plt1911220005-n1.html ――――――――――――――――― 一方、同時期、カジノ利権獲得を目指す中国企業から資金を得た議員秘書が外為法違反で摘発され、議員事務所が捜査されることとなった。 情報源は、トランプ側なのか、それ以外なのか、気になる。 直前において、関係自治体が、IR誘致に消極的な動きを示したのは、偶然ではなく、この事案の動きがあり、官房長官などから内密の指示…

続きを読む

もっと見る

人気記事