NHK会長 WHO イスラエルロビー インバウンド インフル特措法 オリンピック カジノ カジノ利権  ユダヤ イスラエル問題 トランプ キッシンジャー 思想哲学 哲学書 グリーンベレー コロナウイルス コロナ対策 ゴーン ジャーナリスト スパイ スパイ防止法 ツイッター テレビニュース テロリスト デマ報道 ヘイト条例 ベストセラー ホメイニ ポスト安倍 マスク レバノン ロビイスト 上陸拒否 中国人労働者 中国人旅行者 中国人留学生 予防 交通遮断 保守系団体 保釈 偽善 入国拒否 入国禁止 公衆衛生 共謀罪 再エネ 動画 厚生労働大臣 厚生労働省 参議院選挙全国比例 受信料 受信料収入 同盟 名著 国会法改正 議員懲罰 議員リコール 国会運営 選挙戦略 国賓 安全保障 定説 専門家 弁護士法 強要罪 思想哲学 情報通信 放送事業 感染症 感染症対策 感染症死亡者 憲法改正 戦争論 戦勝史観 戦後レジーム 扇動 放送法 政権評価 スパイ工作 政権運営 政治家 政治屋 政治活動 政治騒動 教科書検定 日中共同宣言 日中国交宣言 日中新時代 景気回復 景気対策 東京マラソン 検疫 武漢 歴史哲学 思想哲学 儒教 キリスト教 歴史哲学 捏造史観 歴史書 死亡者 法の不備 法の未整備 法改正 法整備 減税 煽動 特命担当大臣 生物化学兵器 発達障害 皇室 省庁再編 石油取引 石油覇権 神道 私権の制限 税制 統計 習近平 著作権 行政責任 裁判官弾劾 裁判所 要望書 視聴率 解散総選挙 記紀 記者会見 議員連盟 護憲 逃亡罪 邦人救出 野党による審議拒否 スパイ工作 野党自爆 閣僚人事 防疫 陰謀史観 陰謀論 世界の支配者 客家 陳情書 非常対策 首都機能移転 地方創生 騒動 黒幕 IR NHK NHK放漫経営 PMC

スパイが蔓延る要因 スパイの存在に敏感であるべきだ

本稿は、下記二稿の続編の位置づけ。 ―― 参考情報 ―――――――――― スパイ摘発専門組織強化の必要性 https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/474173969.html 官邸のスパイ対策術について https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/474210236.html ――――――――――――――――― 過去原稿において、我が国にて、スパイが蔓延る六つの要因を示した。本稿ではそれぞれについて、詳述を試みる。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■要因1 敵対する国家の思惑 ■要因2 同盟国の思惑 ■要因3 指導者が愚かだったせいで外国勢力に利用されやすくなった ■要因4 統治機構の弱体化(GHQの占領以降) ■要因5 精神的に幼稚で利用されやすい、無邪気で無自覚な政治家等著名人の存在 ■要因6 国民各層の意識の問題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■要因1 敵対する国家の思惑 詳述するまでもないことだが、野党政治家、マスコミ、言論人、帰化人の相当数がスパイであると言われている。中共、北朝鮮、韓国、ロシアのスパイという意味である。 篠原常一郎は、スパイは帰化人が多いとしている。 ■要因2 同盟国の思惑 同盟国であるアメリカはもちろん、イギリス、フランス、ドイツについてもスパイは居るとみなくてはならな…

続きを読む

官邸のスパイ対策術について 

本稿は、日本がスパイ天国であるがゆえに、官邸が直面する苦悩について私見を述べるもの。 私はこれまで、スパイについて、敵対する国家のエージェント、無邪気で無自覚なエリート、二種類程度という認識だった。 が、諸外国の政治の本などを読んでいくうちに、現実のスパイ工作はそんな単純なものではないことに気がついた。 近隣諸国を見渡せば、例外なく日本に何らかの影響を及ぼし、日本を支配したいと考える国だらけに見える。たとえば米中韓は例外なく政府の意志として日本政府に対し、さまざまな外交攻勢を企図、さまざまなタイプのエージェント(無邪気で無自覚な人を含む)を動員、活動している。 国会での質問者が、帰化議員に集中しているのは偶然であろうか。帰化議員ばかりが国会で目立つ現象は、中国、韓国など各国政府の思惑の結果ではないのか? これに対し、首相はどう反応すべきか。首相は、次の一手はもちろん、本心を悟られることなく、したくない答弁と決断を常に迫られているように見える。 直近、そして現在、政府は四つの事案の対応に明らかに苦慮しているように見える。 四つの事案とは、①コロナウイルス感染症抑止対策、②日中首脳会談の処理、③オリンピック延期の決断、④コロナ対策としての大規模景気対策である。②はなんとか後回しとなった。今は、①、③、④の同時進行、、、 評論家たちは、コロナウイルス対策としての中国人旅行者入国制限に係わる政府対応について後手後手だと批判した。しかし、同時期…

続きを読む

スパイ摘発専門組織強化の必要性

本稿は、スパイ防止法法制化に伴って、必然的に必要となる組織体制についての提言。 スパイ防止法の必要性について、言及する言論人が増えている。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 深田萌絵 @Fukadamoe アメリカは、通名利用者、パスポート複数所持者、多重国籍者の入国を登録して管理し、スパイ活動に従事したり虚偽の申請をすれば罰せられるようにした。 日本はいつまで、一部の多重国籍者が法の抜け穴を利用してスパイ活動に従事するケースを野放しにする気か。 台湾が中国人スパイ200人を摘発 https://www.buzzvideo.com/a/6801824443048919558?app_id=1131&c=tw&gid=6801824443048919558&impr_id=6802046665828485381&language=ja®ion=jp&user_id=6645903820612747269 「日本は“スパイ・フリー”の国だ」橋下氏、防止法の制定を訴え https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1237197747180032000 ||||| ここまで引用 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ここで、過去において、スパイ摘発に際し、何が起きたか、確認しておきたい。 …

続きを読む

中国製品リスク&中国通言論人リスク

まず最初に、現時点にて感染症対策上危険と思われる、中国製マスクの製造ライン実態情報を、じっくり参照いただきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 医療用マスクの生産、急ピッチ 中国・江西省の医療用品メーカー https://www.afpbb.com/articles/-/3266233 ――――――――――――――――― 感染国で素手で触る過程を経て製造されたマスクについて購入する必要はあるのだろうか。 ということは、スーパー等で安売りされている、中国製テッシュも危ない?ということになるのかもしれない。 次に、水間政憲推薦の鳴覇の動画と石平太郎のツイッターを比較いただきたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【拡散希望】中国に情報渡していた?ハーバード大化学生物学部長を逮捕!―武漢のウイルスは生物化学兵器⑦―(鳴霞) https://www.youtube.com/watch?v=_1aXLR1Iips 石平太郎 (@liyonyon) · Twitter https://twitter.com/liyonyon?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor ――――――――――――――――― 鳴霞の情報は、日本のマスコミが意図的に不報道であるものが多いのに対し、石平のものは、ネット情報に詳しい人からみれば目新しいものはない。 …

続きを読む

スパイ言論人の見分け方

本稿は、一般論と思ってお読みいただきたい。 拙ブログは、ある帰化言論人について、ずっと以前から距離を置いて眺めている。 日本刀など日本の古美術品を鑑賞されている方なら、おわかりのこととと思うが、この人物、何かひっかかるものを感じている。 既に、アメリカ政府は大使館が国外退避する事態と判断した。 ―― 参考情報 ―――――――――― 米、中国全土に渡航中止勧告 大使館員らも国外退避 https://www.sankei.com/world/news/200131/wor2001310026-n1.html ――――――――――――――――― この状況で、もし私が帰化中国人で、かつ中共政府を徹底的に嫌っていたとする。 ウイグル問題について、どう情報発信するか? 当然、ウイグル人の生の声を聞き、日本人向けに発信する。 香港問題について、どう情報発信するか? 当然、香港の反政府活動している人たちから情報を得て、日本人向けに発信する。 武漢発生源のコロナウイルスの場合は、どう情報発信するか? 当然、武漢や周辺地域に住む中国人発信情報を探し、真実と思われるものを選び、日本人向けに発信する。 少なくとも、中国から帰化した保守系言論人なら、香港問題、コロナウイルス問題、政府側ではなく、中共政府が一番嫌がる現地住民情報でなければ発信する意味がない。 中共政府が一番嫌がることをしない点に…

続きを読む

もっと見る

人気記事