川崎ヘイト条例に係わる対策提言 自民党本部が後始末すべきです

どうやら、川崎でのヘイト条例は成立する見込みにある。 この間、瀬戸弘幸、小坪議員、保守系有力ブロガーが、体を張って川崎市でのヘイト法条例案について反対の意見表明を精力的に続けてきた。 ―― 参考情報 ―――――――――― ヘイト条例、附帯決議を可決。各自治体で、川崎条例を無効化する手段について【戦う人はシェア】 https://samurai20.jp/2019/12/hate-5/ 川崎市長への公開質問状(2) http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53340039.html ヘイト条例の現在の動きについて。川崎市・自民市議団を応援しよう。属地主義とは何か【戦う人はシェア】 https://samurai20.jp/2019/12/hate-4/ ――――――――――――――――― 小坪議員は、「附帯決議の一部について(罰則の部分)は修正せざるを得なくなった、川崎ヘイト条例は本会議で成立する見込み」と論評、地方議員ネットワークを通じて、属地主義により、今後相次ぐであろう、ヘイト条例を骨抜きにする作戦の全国展開を予定していると、ブログにて発表した。 これは、地方議員としてのお立場を弁えたうえでの行動である。 何か、不足している。そもそも、ヘイト法に係わる議論は、国会審議、参議院法務委員会で始まったことである。理念法の位置づけだったヘイト法が、自治体条例では罰則付き条文…

続きを読む

もっと見る

人気記事