NHK会長 WHO イスラエルロビー インバウンド インフル特措法 オリンピック カジノ カジノ利権  ユダヤ イスラエル問題 トランプ キッシンジャー 思想哲学 哲学書 グリーンベレー コロナウイルス コロナ対策 ゴーン ジャーナリスト スパイ スパイ防止法 ツイッター テレビニュース テロリスト デマ報道 ヘイト条例 ベストセラー ホメイニ ポスト安倍 マスク レバノン ロビイスト 上陸拒否 中国人労働者 中国人旅行者 中国人留学生 予防 交通遮断 保守系団体 保釈 偽善 入国拒否 入国禁止 公衆衛生 共謀罪 再エネ 動画 厚生労働大臣 厚生労働省 参議院選挙全国比例 受信料 受信料収入 同盟 名著 国会法改正 議員懲罰 議員リコール 国会運営 選挙戦略 国賓 安全保障 定説 専門家 弁護士法 強要罪 思想哲学 情報通信 放送事業 感染症 感染症対策 感染症死亡者 憲法改正 戦争論 戦勝史観 戦後レジーム 扇動 放送法 政権評価 スパイ工作 政権運営 政治家 政治屋 政治活動 政治騒動 教科書検定 日中共同宣言 日中国交宣言 日中新時代 景気回復 景気対策 東京マラソン 検疫 武漢 歴史哲学 思想哲学 儒教 キリスト教 歴史哲学 捏造史観 歴史書 死亡者 法の不備 法の未整備 法改正 法整備 減税 煽動 特命担当大臣 生物化学兵器 発達障害 皇室 省庁再編 石油取引 石油覇権 神道 私権の制限 税制 統計 習近平 著作権 行政責任 裁判官弾劾 裁判所 要望書 視聴率 解散総選挙 記紀 記者会見 議員連盟 護憲 逃亡罪 邦人救出 野党による審議拒否 スパイ工作 野党自爆 閣僚人事 防疫 陰謀史観 陰謀論 世界の支配者 客家 陳情書 非常対策 首都機能移転 地方創生 騒動 黒幕 IR NHK NHK放漫経営 PMC

ジャーナリストタイプの言論人 本質的な使命

本稿では、コロナウイルス問題について言及する三人のジャーナリストタイプの言論人について、比較検証を試みる。 一人目は、石平太郎。 https://twitter.com/liyonyon?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor 産経や正論寄稿以外は、ツイッター言論人と認識している。 かつて、中共批判急先鋒だったと記憶するが、最近は、日本の言論人が述べた既知のもの、既発表の主張をリツイートないし、言論雑誌等で既に誰かが述べたことと似たようなことを、ダメ押しするような形で主張している。他の言論人と似たような事を述べる点で「剽窃」の意味が理解できているのかと思うこともある。 客観的視点で、ツイッターの主張を眺めると、数値分析や傾向分析し将来予測したのではなく、Aさんがこう言った、Bさんがこう言った程度の「無難な主張」が多い。つまり、言論人としての独自の主張が何なのか、はっきりしない。 つい最近は、以下のコメントを固定表示している。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| 石平太郎 @liyonyon · 2月14日 今日は、家族を持つ一国民として安倍政権の方々にお願いしたい。全国のお医者さんやタクシー運転手さん、ご老人や子供たちを新型ウィルスからの脅威にそれ以上晒さないために、即時に中国全土からの外国人入国禁止を断…

続きを読む

感染症専門家に調査・分析・周知お願いしたいこと

コロナウイルス情報に関しては、厚生労働省やマスコミ情報で納得しない人が増えていると感じている。 ―― 参考情報 ―――――――――― 日本感染症学会が「散発的な流行」が起きているとの衝撃発言! https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/785b28d38b9f84f6da4ccad8f0acff81 厚生労働省HP 中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス感染症について、こちらをご覧ください。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html ――――――――――――――――― 今回ばかりは、数十年ぶりに感染症が国際的に流行したという認識となる。 ―― 参考情報 ―――――――――― 感染症が国を滅ぼしたジンクス 歴史は繰り返す http://gendaishi.jugem.jp/?eid=1206 ――――――――――――――――― 中国は、歴史的に感染症発生・拡散国となった。1957年のアジア風邪、1968年の香港風邪、2003年のSAAS、そして2020年のコロナウイルスである。 今回は、中共本土での悲惨な状況がネットで拡散され、国内的にはWHOや政府発表をうのみにするようなお人好しは少ない。 日本政府だけがWHOの見解を待っている、不可解な現象に多くの人は気づいている。 …

続きを読む

もっと見る

人気記事