NHK会長 WHO イスラエルロビー インバウンド インフル特措法 オリンピック カジノ カジノ利権  ユダヤ イスラエル問題 トランプ キッシンジャー 思想哲学 哲学書 グリーンベレー コロナウイルス コロナ対策 ゴーン ジャーナリスト スパイ スパイ防止法 ツイッター テレビニュース テロリスト デマ報道 ヘイト条例 ベストセラー ホメイニ ポスト安倍 マスク レバノン ロビイスト 上陸拒否 中国人労働者 中国人旅行者 中国人留学生 予防 交通遮断 保守系団体 保釈 偽善 入国拒否 入国禁止 公衆衛生 共謀罪 再エネ 動画 厚生労働大臣 厚生労働省 参議院選挙全国比例 受信料 受信料収入 同盟 名著 国会法改正 議員懲罰 議員リコール 国会運営 選挙戦略 国賓 安全保障 定説 専門家 弁護士法 強要罪 思想哲学 情報通信 放送事業 感染症 感染症対策 感染症死亡者 憲法改正 戦争論 戦勝史観 戦後レジーム 扇動 放送法 政権評価 スパイ工作 政権運営 政治家 政治屋 政治活動 政治騒動 教科書検定 日中共同宣言 日中国交宣言 日中新時代 景気回復 景気対策 東京マラソン 検疫 武漢 歴史哲学 思想哲学 儒教 キリスト教 歴史哲学 捏造史観 歴史書 死亡者 法の不備 法の未整備 法改正 法整備 減税 煽動 特命担当大臣 生物化学兵器 発達障害 皇室 省庁再編 石油取引 石油覇権 神道 私権の制限 税制 統計 習近平 著作権 行政責任 裁判官弾劾 裁判所 要望書 視聴率 解散総選挙 記紀 記者会見 議員連盟 護憲 逃亡罪 邦人救出 野党による審議拒否 スパイ工作 野党自爆 閣僚人事 防疫 陰謀史観 陰謀論 世界の支配者 客家 陳情書 非常対策 首都機能移転 地方創生 騒動 黒幕 IR NHK NHK放漫経営 PMC

戦後レジーム脱却となる日はいつか? 

本稿は、年末に作成した最終稿の補足説明の位置づけ。 拙ブログは、戦後レジーム脱却手順として、政権中枢は①アメリカ、②中共、③ロシアの順序で設定しているのではないか?その次に、④北朝鮮、⑤在日米軍に係わる事項(地位協定等)、⑥韓国(竹島)となる順番を想定しているとの仮説を立てた。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/472888314.html そのうえで、第二次安倍政権がなぜ外交にウエイトを置いてきたか、その意味について、熟慮しなければなりません。 多くの言論人、評論家が漠然と見逃してきたことですが、第二次安倍政権が外交活動に注力してきたのは、戦後レジーム脱却のためであろうとみております。 日米おいては、議会演説、安倍談話、オバマとの和解の儀式(広島、ハワイ)があり、儀式的にはほぼ完結。 次は、サンフランシスコ講和条約国でない中共、ロシアとなります。 戦後レジームを前提とする条約、外交上の宣言が残っている限り、戦後レジームは続きます。中共、ロシアの政府要人・高官発言は、戦後レジームを前提としています。そして、歴史認識問題、領土問題は、戦後レジームを前提としています。 戦後を確実に終わらせるには、戦後レジーム外交状態の中共、ロシアとの関係において、それまでの外交経緯を一新させなくてはな…

続きを読む

政権が習近平を国賓待遇としたい理由

本稿は、二つの仮説から、ゲーム理論的視点から、習近平来日が国賓待遇でなければならない根拠を見出すことを目的としている。 ■仮説1 今回の習近平の来日は、習近平が包括的協議に応じ、中共として譲歩するスタンスであれば、戦後史上、重要な外交イベントと位置づけられる? 一部保守層は、国賓来日阻止を叫んでいる。国賓来日阻止は、一見、必要かつ有効な措置のように見える。が、ゲーム理論的感覚で事の推移を分析すると、反対するだけでは、外交上戦後は終わらず、日中間の懸念材料は何一つ変わらない。 それならばむしろ、ゲーム理論感覚で、来日時の日中首脳会談に際して、包括的な取引材料がないか俯瞰、何が切り札となるか、どこまで包括処理可能なのか、検討する余地があるということになる。面白いことに、「国賓来日」は、保守層が反対すればするほど、外交取引上、有効な切り札となる。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| https://sokokuhanihon.seesaa.net/article/472819502.html 日本が有する有力な切り札 ・トランプ外交と一体化した安全保障外交 ・日本として米中貿易摩擦に出来る限り協力 ・在日米軍と一体化した防衛力強化 ・日本企業の中共からの引き揚げ加速 ・国賓来日 日本が実現したいこと ・日中共同宣言を上書きする外交文書(戦後を終わらせる) …

続きを読む

年末のご挨拶

今年一年間、拙ブログをご訪問いただきありがとうございました。 今年は、毎日一つの原稿を、目的意識を以て書き上げることを念頭に出稿してきました。 政治的には、戦後外交史上、分岐点となった年となりました。後世の歴史家は、今年起きたことは、戦後レジーム打破の動きと捉えることでしょう。 これまでの日韓外交は、日韓で論争状態となった場合(韓国が悪意で以て仕掛けてきた事案であっても)、アメリカは韓国寄りのポジションを選び、日本が忍従を強いられるケースが続きました。が、今年に限っては、安倍政権は、米韓からの圧力をはねのけ、韓国には一ミリも譲歩しない姿勢を取り続けています。 同様に、日中関係も変化が出始めています。それもこれも、(敗戦国としての謝罪は次世代に引き継がせないとした)ポリテイカルコレクトネス的な安倍談話、そして、トランプ政権との相性の良さ、米中貿易摩擦という、状況があって可能なことです。外交的に、日本は大国として扱われるレベルまでになったと思います。 ―― 参考情報 ―――――――――― 海外「日本は眠れる超大国だからね」 米『なぜ中国は今も日本を極端に恐れるのだろうか?』 http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-3305.html ――――――――――――――――― 大国という自覚あれば、その影響力の強さを自覚すべきということになります。 大国の政治(国会)において…

続きを読む

もっと見る

人気記事