NHK会長 WHO アビガン イスラエルロビー インバウンド インフル特措法 オリンピック カジノ カジノ利権  ユダヤ イスラエル問題 トランプ キッシンジャー キッシンジャー 思想哲学 哲学書 グリーンベレー コロナウイルス コロナショック コロナ対策 コロナ終息 ゴーン ジャーナリスト スパイ スパイ防止法 ツイッター テレビニュース テロリスト デマ報道 フェイクニュース ヘイト条例 ベストセラー ホメイニ ポスト安倍 マスク レバノン ロビイスト 上陸拒否 世界観 中国人労働者 中国人旅行者 中国人留学生 予防 交通遮断 保守系団体 保釈 偽善 入国拒否 入国禁止 公衆衛生 共謀罪 再エネ 出入国管理 動画 厚生労働大臣 厚生労働省 参議院選挙全国比例 受信料 受信料収入 同盟 名著 国会法改正 議員懲罰 議員リコール 国会運営 選挙戦略 国賓 在日米軍 在韓米軍 安全保障 官僚 官邸 定説 専門家 弁護士法 強要罪 思想哲学 情報通信 放送事業 感染症 感染症対策 感染症死亡者 憂国 憲法 憲法改正 戦争論 戦勝史観 戦後レジーム 扇動 放送法 政権評価 スパイ工作 政権運営 政治家 政治屋 政治活動 政治騒動 教科書検定 教育改革 敵基地先制攻撃 日中共同宣言 日中国交宣言 日中新時代 景気回復 景気対策 東京マラソン 検疫 武漢 歴史哲学 思想哲学 儒教 キリスト教 歴史哲学 捏造史観 歴史書 歴史認識 死亡者 法の不備 法の未整備 法改正 法整備 減税 為替 煽動 特命担当大臣 生物化学兵器 疫学調査実施要領 発達障害 皇室 皇族 省庁再編 石油取引 石油覇権 神道 私権の制限 税制 統計 緊急事態宣言 習近平 華僑 著作権 行政責任 裁判官弾劾 裁判所 要望書 視聴率 親日 解散総選挙 言論人 記紀 記者会見 読書感想文 議員連盟 護憲 逃亡罪 邦人救出 野党による審議拒否 スパイ工作 野党自爆 閣僚人事 防疫 陰謀史観 陰謀論 陰謀論 世界の支配者 客家 陳情書 非常対策 首都機能移転 地方創生 香港 騒動 黒幕 IR NHK NHK放漫経営 PMC

国民はNHKを必要としていない 存在自体が社会の無駄!

1月17日、記事訂正済み(文章の繋がりが悪い箇所があったため) まず、NHKに無関係なデータの推移を眺めてみたい。 ―― 参考情報 ―――――――――― 【このまま衰退か?】10年間で10億通が消えた年賀状、データで見る郵便業の現実  http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-58820.html 【速報】新聞の発行部数、1年間で210万部減 https://hosyusokuhou.jp/archives/48868555.html 日本人の映画離れとテレビ離れとコンテンツ https://kotobukibune.at.webry.info/202001/article_12.html ――――――――――――――――― 年賀状、新聞、映画、すべて没落傾向にある。 年賀状は、メールやLINEに置き換わった。新聞は、ネット媒体に置き換わった。映画館での鑑賞は、自宅での動画閲覧に置き換わった。 インターネットの出現、普及拡大によるものと考えていいだろう。 NHKについては、大晦日の紅白、大河ドラマの視聴率ともいずれも長期低落傾向にある。同様の傾向は大河ドラマで確認されている。 ||||| ここから引用開始 ||||||||||||||||||||||||||||||||||| http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/1956085.ht…

続きを読む

ハード指向・テレビ一強時代は終わった NHK不要論の根拠

かつて世界制覇状態にあった、日本製の電気製品は絶滅危惧種状態にある。 日本の技術を導入、安価でそれなりの品質だった、中韓の製品に市場を奪われた結果である。 携帯電話市場はどうだったか? かつて強固なガラパゴス市場と言われたが、ドコモがアップル、サムソンを集中的に取扱ったため、日本メーカーは市場を奪われた。日本メーカーは不要な機能が多かった。その一つがワンセグ。 そもそも私は、ワンセグを必要としなかった。使ったこともないし、使い方を知らない。お財布携帯もそれほど必要としない。 しかし、日本メーカーは、ワンセグ、お財布携帯、防水機能、すべてをハイスペックセットで売ることにこだわった。 結果、ハイエンド製品だらけとなり、中韓との価格競争に敗れた。 ともすれば、日本企業は付加価値で競争することを選択したがる傾向にある。 しかし、その付加価値とは、市場が歓迎し、顧客が望んだ、付加価値だったのか? 必ずしもそうは思えない。 長引くデフレ、団塊世代が相次いで現役引退、その子供世代は就職氷河期世代となり、ハイエンド製品群が売れず、代わりに、最低レベルに少しマシな機能を足した程度の中間価格帯の製品が売れだした。 供給したのは、台湾、韓国、中国系企業。 この時期、国産品で欲しい機能だけを装備した製品が見当たらず、やむなく、防水機能なしの台湾製スマホを購入した。その後、シャープや富士通が、中間価格帯の製品を投入し始めた。 メーカー本社の製品開発本…

続きを読む

もっと見る

人気記事